MENU

「芸人になる!」と言った時、身内はどんな反応をしたか?【家族編】

家族
  • 身内が「芸人になりたい!」などと抜かしてきよった
  • 知り合いに芸人になろうとしているやつがいる
  • 「芸人になりたい!」と家族に言ったら、どんな反応をされるのだろう

芸人が家族に「芸人になる!」と言った時の体験談を聞きたい!

この記事はこのような方にオススメです。

この記事は僕が家族に対して

  • 「芸人になる!」と言った時
  • 本当に芸人になる時

この2つの場面で、どんな反応をされたのかについて書いてます。

南方神起

僕は10年前に三重県四日市を出て、大阪吉本に入りました

「芸人になる!」と家族に宣言した時、地元が”東京・大阪”か”地方”なのかで、家族のリアクションは変わってくるでしょう。

もちろん、リアクションが大きくなるのは地方です。

地元が三重県四日市なので、僕は地方勢です。

それでは参りましょう!

スポンサーリンク
目次

NSCに入学するまでの流れ

舞台

初めに、僕がNSCに入るまでの流れを書きます。

僕は三重県四日市という街が出身地です。

  • 四日市ぜんそく
  • コンビナート

などで有名な街ですね。

鉄道ファンなら「JR四日市よりも近鉄四日市の方が圧倒的に栄えている!」
というイメージでおなじみの四日市です。

「四日市にもJRが走っている!」ということを知らない四日市市民……
マジでいると思いますよ!

その四日市で、高3の10月〜11月頃に「芸人になる!」と決めました。
芸人になるために、NSCに入ると決めます。

NSCは、東京か大阪にしかありません。
(今は「地方NSC」なんてのがありますけどね)

僕が選んだのは、大阪NSC。

当時のNSCの授業料は40万円。(現在は50万円)
その40万を入学前に一括振込です。

これが吉本興業という会社のやり口ですね😊
入学する前に金だけもらっておいて「あとは勝手にせぇ!」っていうのがね😉

高3の僕は「入学金は絶対に自分で払う!」と決めました。

僕が普通に大学に進学していたら、授業料は親に払ってもらっていたでしょう。

でも「NSCに入って芸人になる以上は絶対に親の力は借りない!」
と決めてました!

なぜなら芸人になるから!

でも高3の僕に40万なんて大金はありません。

なので高校卒業後すぐに、ユニクロでバイトを始めます。
そこで1年間働いて「NSCの40万 + 大阪への引越し代」を自分で貯めてから、2011年4月にNSCに入学します。

ここまでが、僕がNSCに入るまでの流れです。

  • 「なぜ大学進学をやめてNSCに入ったのか?」
  • 「芸人になろうと思っきっかけは何だったのか?」
  • 高3の僕の”ゆれ動く想い”

などについては割愛します😉
長くなりすぎますからね!

「芸人になる!」と家族に言った時の反応

家族会議

僕の家族は5人でした。
俺・父・母・兄・祖母。

ちゃんと「芸人になる!」と宣言したのは、父母だけですけどね😉

両親に「芸人になる!」と言った時

両親には2009年初冬ぐらいに言いました。

「まぁ、絶対に反対なんかせんやろな〜」と思ってました。

なぜ反対なんかしないのか?

それは我が家が『超』がつくほどの放任主義だから😌
今思えばね。

どれくらい放任主義か説明します。

兄が10代の時に

  • タバコを吸おうが
  • 酒を飲もうが
  • 髪型をピンクのモヒカンにしようが
  • タトゥーを入れようが
  • バンドで食っていくと決めようが
  • ベンツを買おうが

何にも言いませんでしたね😊
いやっ……言ったのかもしれませんけど「別に問題になってた感」はなかったかです。

兄は6つ歳上です。

当時15〜16歳の兄貴が上記5つのことをやっていても、(ベンツは兄が二十歳ぐらい)
9〜10歳の僕は「なんかようわからん💦」って感じでした。

今思えば異常ですけどね😊

ベンツなんかすぐに差し押さえられてました😁

ベンツがなくなってから、ピンクのモヒカン頭で、黒いジャケットにチェーンみたいなもんぶら下げて、ママチャリでどっか行ってましたわ!
アホみたいに。

「アホみたいに」ていうかアホですけどね😉

そんな兄を生み出した親に対して「芸人になる!」なんて言っても絶対に反対なんかせんやろ!
と確信してましたね。

2009年の初冬。
両親がリビングにいる時に

僕:「あんな〜、俺NSCに行っていい?」
両親:「ええよ。」

以上です😌

その後にちゃんと言いました。
「入学金も大阪に行くお金も全部自分で貯めるわ!」

兄に「芸人になる!」と言った時

兄には「NSCに行くねん!」と伝えたというよりも、いつの間にか伝わってた!
という感じです。

両親のどっちかが言うたんでしょうね。

兄に「おまえネタなんか作れんの?」と言われました。

まぁ「芸人になることに反対!」って感じではなかったですね。

で実際、僕はネタ作ってますしね😉

そもそも反対されたところで「なんでお前なんかに反対されなあかんねん?」
って感じやし。

当時の兄は24歳。
見た目はもう普通になってました。

タトゥーは未だに消えてないですけどね。

祖母に「芸人になる!」と言った時

おばあちゃんにも「芸人になる!」なんてことは言わなかったです。

芸人になることを反対されたとて、芸人になります😆
「それなら別に言わんでもええわ!」って感じでした。

おばあちゃんは僕が芸人になることに、賛成するか?反対するか?
予想はつきませんでした。

だから「別に事後報告でいいや!」って思ってました。

「NSCに入るために大阪に行って、その後に両親から何かしらの報告が届くだろう!」と……

今思えば親不幸者ですね。
でも当時19歳の僕はそう思ってました。

「芸人になる!」と宣言する:まとめ

ここまでが、僕が家族に対して「芸人になる!」と宣言した時の様子です。

「宣言した」と書きましたが、実際に宣言したのは両親だけです。

「『「芸人になる!』なんてことを宣言するのは、両親だけで充分や!」
と思ってましたから。

兄・祖母には両親のどっちかが伝えたんでしょうね。

この記事のこの段階では、まだ僕は高校生です😉

芸人に本当になる時の家族の反応

発声

ここから先は、本当にNSCに入学するまでの流れを書きます。

高校を卒業しておよそ1年後の話です。

NSCの入学試験に合格した時

2011年の1月末頃にNSCの入学試験を受けて、1週間後に合否通知が届きました。

家族全員の目の前で封筒を開けて「あ〜合格やわ!」と言いました。

兄に「おまえ全然喜ばんやん!」と言われました。

「そらそやろ!こんな誰でも受かるとされている試験に合格して誰が喜ぶかい!
こんなもん合格して当然やろ!」と言いました。

「こんなもん、受かって当然やろ!」

「ここで不合格になるぐらいなら、吉本なんかに入らへんわ!」

本気でそう思ってました。

実際にそこで不合格やったら、その時点で吉本には入らなかったでしょうね。

NSCの入学試験よりも、中1の最初の中間試験でアルファベットの大文字・小文字を書く方が難しいです。

本当にNSCに行く時

2011年の2月末には、大阪への引っ越しの準備が整います。

おばあちゃんに初めてNSCのことを聞かれた

おばあちゃんが、僕が芸人になることに1番反対していましたね。
家族・友達を含め、1番反対していたのはおばあちゃんです。

おそらく父親が「康輔(僕の名前)吉本に入るで!」と言ったんでしょうね

ある日の昼、ユニクロの仕事が休みで家でくつろいでいる時、「あと1ヶ月ぐらいで大阪やな〜!」
そう思ってたらおばあちゃんに呼び出されました。

「あんたなんで吉本なんかに行くん?せっかくユニクロで働けてるのに吉本に行くやなんて……
ばあちゃん悲しいわ……」

そこで自分がどんな返答をしたのかは覚えていません。

おばあちゃんは大阪出身です。

おそらくですが、昔の超絶ブラックだった時の吉本のイメージが染み付いているんでしょう。

「ブラックだった」てのは2019年にあった、闇営業問題のことじゃないですよ!
その時には、おばあちゃんは亡くなってます。

「吉本」という会社がまだ大阪だけでやっていた時のイメージです。

  • 明石家さんま師匠
  • 島田紳助師匠
  • オール阪神・巨人師匠

このお三方が、吉本に入る前のイメージがあったっんだと思います。

とはいえ……

「おばあちゃん悲しいわ」
と言ってたとはいえ、「嘆き悲しむ」ほどかと言われれば微妙ですけどね😁

「まぁおばあちゃんとしては、やめてほしいわ〜」ぐらいの感じでした。

最終的に吉本に入ってかは普通でしたからね。

まぁNSCを卒業してからは、俺と兄を見間違えるほどボケてましたから……
もしかしたら「吉本に入った!」ということすら、忘れてたのかもしれません😆

本当に芸人になる時の兄の言葉

2011年の3月下旬。

ユニクロを退社し

  • NSCの入学金40万
  • 大阪への引っ越し代15万
    ➡︎合計 55万

も払いました。

「いよいよ大阪に行くぞ!」と言う時に兄に言われます。

兄:「おまえ本当に大阪に行くの?」

僕:「うん」

俺の心の中:(いや今まで冗談かと思ってたんかよ!
高3の2学期に漏れ伝わってから、もう1年以上経っとるやないか!)

(合格通知も一緒に見てたやないか!)
と思いました。

この兄の「おまえ本当に大阪に行くの?」という言葉。
これには後日談があります。

僕が実際に芸人になり、23歳の時に兄から聞きました。

「おまえ本当に大阪に行くの?」

これは”疑問”ではなく”焦り”という意味での「おまえ本当に大阪に行くの?」
ということでした。

兄:(弟は19歳にして本気で芸人という夢を追いかけて、大阪に行くつもりだ!
それに引き換え、俺は25歳にして未だに本気で追いかけられる夢を見つけておらず、挙げ句の果て未だに実家暮らしに甘んじている)

という意味での「オマエ本当に大阪に行くの?」ということでした。

兄:(俺はこのままではマズイ!)と思ったんでしょうね。

まぁそんな兄も今や中卒にして起業し、月収50万を超えてますわ!

逆に俺が焦ってますね。
(兄は、30歳の時には企業してたのか)てね。

ちなみに僕が大阪に行く時、兄にはこうも言われました。
「オマエ、大阪に行っても絶対にタトゥー入れんなよ!」ってね😁

「そのセリフ、10年前のアンタに言わんとあかんセリフやがな!」
って言いました。

NSC入学後の家族との付き合い

家族

2011年4月にNSCに入学するわけですが……

入学してから家族付き合いに何かあったわけではないですね。

印象に強く残っているのは

  • 「芸人になる!」と家族に宣言した時
  • 本当に芸人になる時

の2場面です。

「NSC入学前」と「NSC入学後」で、付き合いが変わったのは、むしろ地元の友達ですね。

地元の友達に「芸人になる!」と言った時についてはこちらをチェック

✔️

「芸人になる!」と家族に宣言した時の反応:まとめ

舞台

この記事では「芸人になる!」と家族に宣言した時に、どんなリアクションをされたのかについて書きました。
僕はそんなに反対されなかったです。

「芸人になる!」と決めた時に、

  • 進学先
  • 就職先

この2つが何も決まってなかったのが大きいですね。
何の進路も決まってなかったから、芸人になれました。

あとはまぁ……
「なんかもう大学に行くのめんどくさいな💦」
そう思っていたのが1番大きいです。

高3の10月〜11月の段階で、推薦などで大学が決まっていたらそっちに行ったでしょうね。

ちなみに当時のセンター試験は受けましたよ。
受ける意味は全くなかったですけどね😆

とまぁ……

こんなところで、僕が「芸人になる!」と家族に言った時の家族のリアクションについての話は終わり!😊

「芸人になる!」と友達に行った時の記事も見てね😁

ほなね〜😆👍

家族

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる