NSC入学生必見!【ネタは漫才とコント、どちらをした方がいいか?】

「お笑い芸人になりたいんだけど、漫才かコント・・・どっちをしたらいいの?」

「NSCに入学して、漫才かコント、どっちをした方がいいか意見を聞きたい」

この記事は、このような悩みを持つ、未来のスーパースターに向かって書いてます!

どうも〜!!南方神起と申しま〜す!

この記事のテーマはこれです。

 芸人になったら、まず漫才をやるのがいいか?コントをやるのがいいか?

この質問を軸に、記事を書いてます。

南方神起
南方神起

南方神起と申します😁

僕は実際にNSC大阪を卒業しており、現在も吉本興業に所属しております

この記事は「絶対にこうした方がいい!」と強く断言するものではありません。

最終的にどう判断するのか、これは皆さん次第です😊

そもそも、未来のお笑いスターが1人たりとも、この記事を見てない可能性もありますけどね!😊

まず結論から!

お笑い芸人・・・漫才をやるか?・・・コントをやるか?

迷うぐらいなら漫才

「芸人になったら、どっちをやろうかな〜?」て悩むぐらいなら漫才の方がオススメです

これは『中田カウス・ボタン』のカウス師匠もNSCの授業でおっしゃっていました!

僕の感覚でも、そっちの方がいいです。

もちろん、この記事はコントを否定しているものではありません。

普段漫才をやっていても、時にはコントもやるべきです。

漫才で結果を出してる人は、コントでも結果を出してます。

「そもそもNSCなどのスクールに入らないと芸人になれないのか?」などはこちらをご参考ください!

 ・スクールに入らずに芸人になる方法:とはいえスクールがbetter

なぜ迷うぐらいなら『漫才』がいいいのか?  僕の思う、主な理由はこれです。

  • 売れている芸人は漫才師が多いから
  • お金がかからない
  • 漫才ができたらコントもできる。逆は難しい

順番に解説していきます。

スポンサーリンク
目次

売れている芸人は漫才師が多いから

お笑い舞台

これは読者の方でも、なんとなく肌感でわかっている方もいるでしょう。

芸人には、人生を大きく左右する大会が年に3つあります

  • M-1グランプリ
  • キング・オブ・コント
  • R−1ぐらんぷり

全ての芸人が、この3つのコンテストで『売れる』ことを狙っています。

売れていない若手には、「俺にとってM-1が全てだ!俺の青春だ!」 という芸人さんもいます。

この中で『M-1グランプリ』の優勝者だけが、数年経過しても売れ続ける人が多いです。

『キング・オブ・コント』や『R−1ぐらんぷり』の優勝者は、優勝時こそ売れますが・・・何年か経つと、あまりTVで見なくなることもあります。

今やみんな、TVをそもそも見なくなってますけどね😢

その中でも『M-1』は、漫才の大会です。

なぜ漫才師が多く売れているのか?

TVで生き残っていくには、『話術』が必須です。漫才のおもしろさと話術はつながっているからです

バラエティで生き残っていくためには、トーク力が必須です。これは一般の方でもご存知でしょう。

この『トーク力』(『話術』とも言う)が多く含まれているのが漫才です。

言い換えると、『話術』がうまくないと漫才では結果を出せない!ともいえます。

漫才は、舞台上でのマイク1本のみでの勝負です。 なのでコントよりも、話術で笑わせる比重が多くなります。

この話術のうまさと、TVで生き残っていけるかどうか・・・ここが切っても切れない関係ということです!

何?!「マヂカルラブリーさんはどうなんだ?」だと?

あれはかなり特殊な事例です。

マヂカルラブリーさんのような、特殊な例もありますが・・・基本的に『話術』で笑いを取るのが漫才です。

その人の”素のおもしろさ””人間性”が見えた方がいい

漫才は、基本的に扮装はしません。 その人の素顔が見えた状態で舞台に立ちます。

コントは扮装して、キャラになりきります。

漫才の方が、その人の”素顔””人間性”的な部分が見えやすいです。

テレビで生き残るためには、「その人自身がおもしろい!」と思われないといけません。

「その人の演じるキャラクターがおもしろい!」のは、テレビでは生き残りにくいのでしょう。

テレビで生き残るには話術が必須

お金がかからない

お金

小道具や扮装用の衣装にお金がかかる

「それを言っちゃあ終わりでしょう!」て感じですが・・・😁

若手はみんなお金がないです💦

コントの方が、小道具や衣装を用意するのにお金がかかります。管理も面倒です。荷持を持っての移動も大変です。

まぁそんなこと気にする芸人はほとんどいないでしょうけどね😊

漫才師は衣装にのみお金を使います。

コント師は違います。

どんなコントを考えるかで、お金のかかり具合は変わってきます。

とはいえ、そんなにお金のかかるコントを考える人はいないですけどね。

あるコンビは「このネタの制作費5万円かかったわ!」と言ってました😁

小道具1つがないだけで、ネタが台無しになる(ネタによりけり)

コントでも「この小道具がないとそもそもネタが成立しない」みたいなネタもあります。

それをうっかり忘れようものなら・・・😢

漫才は、衣装を忘れたとしても最悪私服でも舞台に上がれます! なんなら「こいつ今日衣装忘れてきたんですわ!」てアドリブでネタにもできます。

アドリブという観点でも、コントではアドリブは使いにくいかもしれません。

イベント(営業)などで呼ばれやすい

微々たる理由かもしれないですが、一応解説を・・・

例えば、何かしらのイベントで、主催者が「吉本芸人を呼ぼう!」となったとします。

主催者側が用意する物が、マイク1本だけでいい漫才の方が、主催者側もお金がかからないです。

コントは用意する物が多いです。衣装・小道具などの運搬費用もかかります。

最悪「あの小道具がない!」みたいなこともあるでしょう。

主催者としても漫才師を多く呼んだ方が楽です。

漫才の場合、衣装は本人が持って現場入りすることが多いです。

イベントによっては、野外でネタを披露します。

風が強かったら、小道具も飛んでいきます😁

まぁ風で小道具が飛んでいって、ネタができなくなれば、それはそれでおもしろいですけどね!

漫才はお金がかからない

漫才ができたらコントもできる、逆は難しい

マイク

これもNSCの授業で、中田カウス師匠が言われていました。

僕的にもそうですね😁

一般の方でもそう思う方もいるでしょう。

TVを見ていて、漫才で売れている人はキング・オブ・コントでも決勝に行っている人が多いです。

でも逆はあまりいないです。 今後はその定説も崩れていくかもしれないですけどね😆

名もない僕がこんなこと言うのは許されないかもしれませんが・・・

「なぜ漫才がうまければコントもうまいのか・・・」僕なりの解説をします。

漫才の技術はコントも兼ねていることが多い

『漫才コント』あるいは『コント漫才』という言葉があります。 僕的に、和牛さんといえばこのイメージですね。

「漫才の中で演じるコントがうまければ、そりゃ普通のコントもうまいだろう!」てことですね。

漫才の中で演じるコントがうまければ、そら普通のコントもうまいに決まっています。

漫才がうまければ、コントもうまい

まとめ

舞台

この記事では芸人になろうとしている方に対して、「漫才かコント、どちらをやろうか迷っている人」に向けて書きました。

結論

迷っているぐらいなら漫才の方がいい

という意見も書きました。

その理由は以下の通りです

  • 売れている人は漫才師が多い
  • 漫才はお金がかからない
  • 漫才師の方がイベントに呼ばれやすい

ただ勘違いしないでください!

「漫才をメインにやる!」からと言って、「コントをやるな!」と言っているわけではないです。

普段のメインは漫才をやるにしても、時にはコントもやるべきです。

キング・オブ・コントの時期ではそうすべきでしょう。

普段漫才をやってた人が、キング・オブ・コントで勝ち進むこともあります。

逆もまたしかりです。

普段はコントをやっていて、キング・オブ・コントでは1回戦落ちするのに、M-1で2回戦進出するコンビもいます。

漫才をメインにやろうが、コントをメインにやろうが、『キング・オブ・コント』と『M-1グランプリ』は参加した方がいいでしょう。

コントが一切思い浮かばなければ、普段の漫才ネタをコントにしてもOKです。 

とにかく出ることが大切です

最後に

この記事のテーマは「漫才をやるかコントをやるか?で悩んでいる人」向けに書きましたが・・・

まぁ正直、そんなことで悩むNSC生なんかいないでしょう!

ここまで書いて「どないやねん❗💢」て感じですが・・・

別に二刀流でもOKです! 多分、野球の二刀流よりも楽です😆

ここまでお読みいただきありがとうございます! 南方神起でした!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる