MENU

NSC入学生に伝えたい【ネタでコントをやるデメリット3選とは?】

どうも〜!!腰をいわした南方神起で〜す!

この記事は以下のような方に、オススメの記事となっています😁

  • 芸人になりたい!
  • 芸人になったらコントをやってみたい!
  • 単純にコントが好きだ!

このような方にオススメの記事となっています。

今回の記事のテーマはこれです。

コントが、漫才よりも劣っているデメリットとは?

このテーマ軸に記事を書いてます。

南方神起

僕はNSC大阪を卒業しており、現在も吉本興業に所属しています。
よろしくお願いいたします!

お笑い芸人はネタを披露します。

ネタをやらずに、司会者やレギュラー番組に選ばれる芸人なんかいません。

明石家さんまさんだって、僕たちが生まれる前は、ネタをやってました😁

そんなお笑い芸人が披露するネタには、3種類あります

  • 漫才
  • コント
  • 落語

この記事では、コントのデメリットについて書いてます。

大前提として、「コントはやらない方がいい❗❗」と言っているわけではありません。

「まぁ、漫才に比べたらコントのこの部分はデメリットだろうな〜・・・」

と思った部分について書いていきます。

「そんな事より、コントのメリットを教えんかい💢❗バカタレがぁ!」という方はこちらの記事をご参考ください。
 ・ネタでコントを選ぶことのメリットとは?

それでは参りましょう!コントのデメリット3選とはこちらです!

漫才師ほどTVに出れてない

お金がかかる

荷物が多い

お笑い好きの方なら、「いちいち言わんでもわかってるわ❗」ということばかりですね💦
お笑い好きじゃなくとも「お金がかかる」「荷物が多い」はわかるでしょう🥲

ですが、これだけで記事を終わることはできないので、詳しく解説します😁

スポンサーリンク
目次

コント師は、漫才師ほどTVに出れてない

TV

現状、TVにはコント師の方が少ない

これは言わなくとも、肌感でわかっている方が多いでしょう。

現状のお笑い界は、コント師は漫才師ほどTVに出れてないです。

それはなぜか?
僕が思う理由は次の2つです。

  • コントは、漫才ほど話術が重要ではない
  • コントは、登場人物に扮装し、登場人物になりきる以上、素の人間性が見えにくい

TVに出続けられる絶対的条件。それは話術です。
話術とは、話がうまいかどうかです

コントは漫才と違い、舞台上に様々な道具を置いたり、様々なキャラクターになりきってネタを演じます。

漫才ほど、話術が重要ではありません。
まぁもちろん、全く同じコント台本なら、話術が上手い人の方が、おもしろいですけどね😁

また、何かしらのキャラクターになりきる以上、その芸人の素の人間性が見えにくいということでもあります。

そしてTVに出続けるには次の2つの条件があった方がいいです

  • 話がうまい
  • 素のキャラが見えやすく、なおかつおもしろい

漫才師で売れると、この2つの条件をクリアしやすいです。

コント師は、この2つの条件をクリアしにくいです。

なので、コント師の現状は、漫才師ほど売れていないのでしょう。

ただ補足ですが、世の中にいる芸人のほとんどの漫才師が売れていないですけどね!
この記事を書いている、この俺のように・・・😭

それはコント師も同じです。

「コントでおもしろい」ということと、「TVに出る」ということの条件が一致しない

「売れる」と「売れ続けている」は違う

「コント師は漫才師ほど売れない」と言ってますが、もっと正確に言えば、
「コント師は、漫才師ほど売れ続けていない」と言ったほうが正しいでしょう。

キング・オブ・コントや、R−1ぐらんぷりでも、優勝したらその直後は売れます!
話題にはなります。

ですが、漫才師ほどずーっと売れ続けている人は、あまりいません。

つまり、「売れる」だけなら、ネタが面白ければOKです。

「売れ続ける」なら、話がうまく、素の人間性が見えないといけないのでしょう。

世間でよく言われている「キングオブコントとR-1ぐらんぷりの優勝者は売れない」というのは、正しく言えば
「売れ続けない」ということです。

そして、「売れ続ける」ために必要なのが、『話術』ということですね😁

売れ続けるには、話術が必要

この記事で言っておきたいことは、これにて以上でございます!

ここから先は、おまけのような感じになります😁

よければ、ごらんください😁

お金がかかる

お金

コントは漫才と違い、扮装・小道具などでお金がかかります。なので、金銭面でもデメリットと言えるでしょう。

まぁ、コント師の皆さんからしたら「だからなんやねん❓」って感じだとは思いますけどね😁

そんなことをいちいち気にしている、芸人なんかいません。

そもそも「1ネタ考えるたびに、お金がかかるのか?」と聞かれれば、そんなことないです。😁

「用意する物が、漫才よりも多い!」 という側面があるのは間違いないでしょう😁

それに「お金がかかる」と言っても、たかだかしれてます😊

お金がかかるネタを、毎回考えることはないでしょう。

コントは漫才よりもお金がかかる

荷物が多い

荷物

劇場入りした時に、スーツケースを転がしていたら、その人のその日のネタは、多分コントです😁

電車での持ち運びが恥ずかしい

コントの小道具で、変なものを持ち運ぶこともあるでしょう。

そういう物に限って、カバンに入らなかったりするもんです。
あるいは、カバンに入れたら壊れる可能性があるから、カバンに入れないとかね😊

電車などで、恥ずかしい思いをするかもしれません😆

まぁ、そんなことを気にしているようでは、一流のお笑い芸人の道は遠いです😆

変な物ほど、威風堂々と胸を張って持ち運びましょう😀

むしろ、職質などをされたら、儲けもんです😊

移動がめんどう

小道具が多いと、持ち運びも一苦労です。

ネタで使うナイフを落としてしまい、警察に連行された芸人もいます🤣

そして、遅刻するというね😁

漫才師なら、こんなことが起こることはないです。

まとめ

舞台

この記事では「漫才師よりも大きい、コント師のデメリット」について書きました!

まとめるとこうです。

  • 漫才師ほどTVに出れない ➔ コントは、話術が漫才ほど重要でなく、素のおもしろさが見えにくいです。だからTVに出にくいです
  • お金がかかる      ➔ 扮装や小道具にどうしてもお金がかかります
  • 荷物が多い       ➔ 漫才師が持ち運ぶのは、スーツだけです。 

繰り返しますが、僕は「コントをやるな❗」と言っているわけではありません。

普段、漫才をメインに活動している方でも、時にはコントをすべきです。

「結局漫才とコントどっちをやればいいの❓」という方はことらをご参考ください
 ・漫才とコント。迷ったらどっちらする?

僕はお笑い芸人さんが大好きです! 何かしらの参考になると、幸いです。

以上! 南方神起でした〜😁

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる