NSC入学希望者注目!【入学面接に受かるために僕が実践した方法】

はいどうも〜!! 南方神起で〜す😁

緊急事態が延長に延長を重ねて・・・夜独りの、俺の寂しさも、延長に延長を重ねております🥲

今回のテーマはこれですねん!!

NSCに入学しようと思っているんだけど、合格した人は何したの

ここに着目して、記事を書いていきます。

僕は10年前にNSC大阪を卒業しています。

そのために入学試験に合格するために、心がけたことも書いていきます。

そもそもNSCとは?吉本興業とは? というのはこちらに書いております

またそもそも入学しなければ、お笑い芸人になれないのか? 

「わざわざ高い金払わないと、芸人になれないのか?」

などはこちらに書いてます。

よければご参考ください!

じゃあ早速結論から!!

スポンサーリンク
目次

静かに面接官の話を聞いて、何か聞かれたら普通に答える

見出しのとおりです。

静かに面接官(吉本社員)の話を聞いて、質問に普通に答える

以上。

「いやそれだけかぁぁい❗❗❗💢💢」 

と思ったそこのあなた・・・

それだけでございます😁

もうわざわざ書くほどの事でもないんですけどね

本当にこれだけでございます😊

静かに話を聞く理由

僕が「NSCに入ろう!」と決めてから、なんとなくTVを見ていました。

とある芸人さんがおしゃっていました。

「NSCは静かに話を聞いていたら合格できる。逆にそこで変に狙いに行って、空気を壊すようなことをして、イタイ奴に思われると受からない」と・・・

ほぉ〜なるほど~! と思って、実際の入学試験で実践しました。

そしたら受かりました😊

一応、入学前にウィキペディアで『NSC』と調べても同じようなことが書いてありました。

この記事を書いている時に確認してみましたが、今は特に書いてなかったですね。

まぁでも、今もほとんど同じだと思います。

蛇足:なぜ、話を聞くだけで受かるのか?(個人的予想)

ここは僕の推論になります。

わざわざ書くほどのことでもないので、飛ばしていただいて構いません💦

なぜその程度のことで、受かるのか?

とにかく入学者を確保して、授業料を納めさせて、儲けたいから!

これに尽きると思います😆

ただこう書くと、「吉本は悪い会社や!」みたいな語弊がありますのでもうちょっと詳しく解説します。

世の中には吉本興業の運営する芸能学校以外にも、いろんな芸能学校があります。

色々な芸能プロダクションが、いろんな芸能スクールを運営しています。

役者だったり、声優だったりの養成学校があります。

まぁ、NSCはその中でもかなり有名なスクールだと思いますけどね😊

その各プロダクション・・・

ちゃんと儲けをとらないと、企業としてダメだからです😃

それで吉本のスタンスはこうです。

「誰でも入っていいけど、ちゃんとお金だけは納めてね😁」

こんな感じになります。

ただ、これは何も悪いことではないですよ。

『資本主義社会』である以上、これは必要です。

もっといえば、企業が儲からないと経済も回らないですから。

声優が今めちゃくちゃ多い

これは本当にちなみにですが、NSCも全盛期に比べて入学者数が減ってきているそうです。

そして、日本のアニメが海外にも注目されています。

今、入学者数がめちゃくちゃ多いのは、『声優学校』だと聞きました。

とはいえ、減少傾向にあるとはいえ、NSCの入学者数はずーーっと多いですけどね😊

しかし、持ちネタをするのはあり!

話の流れを止めるのはNG

この記事を見ている皆さんは、「NSCに入学する!」「NSCへの入学を検討している!」という方が多いと思います。

「お笑いの世界に入ろうとしているのに、『普通に話を聞いて、質問に答える』ってなんやねん❗💢」という志高き者もいるかもしれません。

すばらしいですね! その心意気です!

お笑いの世界は、いかに「見ている人の印象に残るか?」が大事なのは言うまでもありません。

なので、面接で一発ギャグをカマすのもOKです😁

僕のように、売れなかった芸人がこんなことを言うのはいささか生意気ですが・・・

仮にカマすにしても、面接の最中に突然カマすのはやめたほうがいいでしょう

「最後に何か質問ありますか?」と面接官に言われて、

「一発ギャグ見てもらっていいですか?」と言った方がいいかもですね😁

面接の時の空気にもよりますが、おそらく面接官を『ギャグを聞かせる態勢』にした方がいいでしょう。

話の流れを止めて、いきなりカマすと・・・多分イタイ人に思われてしまいます。

持ちネタはNG

仮にカマすにしても、一発ギャグやショートコント、モノマネなどにした方がいいえしょう。

いわゆる『ショートネタ』と呼ばれるヤツですね

本当に舞台でやるようなネタはやめましょう😊

自分の時の入学試験

僕のNSCの入学試験は『1分間の自己PR』でした。

100人ぐらいがNSCの教室にいて、そこで順番に喋っていくというスタイルでした。

緊張はほとんどしなかったです。

僕はこう言いました

「昔からめちゃイケを見ていて、お笑いが好きでした。高3の時に進路を見い出せなくなり、とりあえず『芸人になってみよう』と思いました!」

ざっくりと、言うとこんな感じ😆

1週間後に合格通知が来ました。

兄貴に「おまえ受かったのに全然喜ばんやん!!」と言われました。

「当たり前やないか!NSCの入学試験で落ちる程度やったら、そもそも芸人なんか辞めるわ!!」

そう思いました。

「こんなもん合格して当然やろ!」って感じでしたね😁

僕がNSC生だった時の吉本の社員さんは、今は誰も吉本にいません。

これは芸歴1年めの人たちと話していると「えぇ〜💦❗そうなんですか〜?!」と言われますが・・・

そうなんですね😀

逆に講師の方は、ずーーっと同じ方もいらっしゃいます!

最後に

当然ですが、NSCに入学できたからといって、売れるわけではありません。

逆に1度目の試験で落ちた人でも、売れている方はいらっしゃいます。

NSCに落ちて、NSCを経由せずに吉本に所属した方もいらっしゃいます。

「吉本に入り、お笑い芸人になる!」と決意した場合、NSCに入学するのが基本ルートです。

もちろん僕もそのルートで入りました。

でも、NSCというのは言ってしまえば「吉本興業が用意したルート」に過ぎません。

そうじゃないところから、『吉本所属』にこぎつけた芸人の方がセンスがあると思います。

NSC生よりも間違いなく、笑いの才能はあるでしょう。

なので、他の記事でも言ったことと同じ事を言います。

NSCに必ずしも入る必要はないです!

そもそも、吉本に入る必要もないですから!

特に、You Tubeが発展した今や、なおさらそうでしょう。

僕が現役NSC生の時よりも余計に、NSC生に入る意味は薄れているような気がします。

近年のNSC入学生が減っているのも、You Tubeの発展が1番の原因だと思います。

次が、少子化ですかね😆

「有名になりたい!」と思った場合、どのルートを通るか・・・

これは昔よりも、あきらかに選択肢が増えています。

YouTuberだけじゃないです。

SNSで、インフルエンサーと呼ばれる方々がいます。

多分、芸事で食えている芸人よりも影響力がでかいです😭

そういう時代になって来ました。

なので、「有名になりたい!」と思ったそこのあなた!

まずは、そもそも「NSCに入る必要があるかどうか・・・」そこから考えてみるのもいいかもしれませんね!

以上、この記事は南方神起が、東向きでお送りしました〜😁

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる