MENU

大阪NSCに入学したい人に伝えたいお話!【大阪NSCの短所3選】

「芸人になりたい!」

「NSC大阪に入りたい!」

この記事は、このような方にオススメの記事となっております。

南方神起

申し遅れました🙇南方神起と申します。
僕は実際にNSC大阪校を卒業しており、現在も吉本に所属しております
よろしくおねがいします〜!

この記事のテーマはこんな感じです。

東京NSC入学と比べ、大阪NSCに入学することで、生じるデメリット

これでいきます!

NSCとは吉本興業の運営する、お笑い芸人養成学校のことです。

それについて知りたい方は、こちらの記事をお読みください!

NSC大阪入学【芸人になるなら入るべきか?卒業生の体験談を書く】

NSCは東京と、大阪の2箇所にしかなかったですが、現在は地方にもあります。

「もっと詳しく知りたいわ😘」
という方はこちらの記事もご参考ください!
NSC入学したい人必見!どのNSCに入学すべき?【卒業生の考察】

この記事では、「大阪NSC」について掘り下げていきます!

それでは参りましょう!
大阪NSCに入学するデメリット3選とはこちらです!

  1. 大阪芸人は”2度売れる”必要がある
  2. 関東人が大阪NSCに入ったら受け入れられにくい
  3. 東京との移動がメンドウ

順番に解説します

スポンサーリンク
目次

大阪芸人は2度売れないといけない

大阪 通天閣

これは芸人のみならず、お笑いファンの方の間でも有名ではないでしょうか❓

この記事のタイトルは「大阪NSC入学の短所3選!」となっています。

しかし、この「大阪芸人は2度売れないといけない」。

これが保々全てです!😁

残りの2つは、「まぁ、これも短所と言えるかな〜」ぐらいです。

この言葉の意味

松本人志さんが言ったことで、有名になった

おそらく、松本人志さんの著書『遺書』に書かれている事で、一躍有名な定説になりました!

『遺書』に書かれている通り、言うまでもなく、れっきとした事実です。

間違いなくそう!!

「松本さんが言ってるから!」とかそういう事じゃないですよ😁
「長いものには巻かれろ」で言っているわけではありません❗

大まかな流れ

大阪で売れるということは、「近畿圏のみで売れる!」ということでもあります。

関西では有名でも、東京までは名前が轟いていない芸人はたくさんいます。

大阪芸人の理想的なスターダムの道は大まかにこんな感じ!

  1. まずは、大阪吉本の劇場メンバー入りを果たす。
  2. 吉本漫才劇場で力をつけ、大阪のお笑いコンテストで活躍する
  3. その後、東京でも勝負する
  4. 全国区になる

この流れは、現状はまだ残っていると言えるでしょう。

しかしこの流れは、いわばTVでの流れです。

TVを見なくなり、You Tubeが台頭してきた現代。
もはや、この流れがどこまで持つかは微妙です。

You Tubeは東京に行く必要がないですから。

とはいえ、芸人たちの『大阪 ➔ 東京』の流れが消えることはないでしょうね😁

『M−1』次第かもしれません😊

この東京 ➔ 大阪 のステップをすっ飛ばして一気に全国区にのし上がったのは、
僕が思うに「ラッスンゴレライ」ぐらいです😁

まぁ、だからこその一発屋だったのしょうけど・・・

大阪芸人は、2度売れる必要がある

この短所が、大阪NSCに入ることの最大の短所です。

ここから先は、あくまでもおまけ程度についてくる程度です😁

関東の人は受け入れられにくい

東京タワー

東京NSCに入ればいい

関東の人で、大阪NSCに入る方がいます。
あるいは東京NSCを卒業したあとに、大阪に来る人もいました。

関東地方出身なら、普通に東京NSCに入りましょう。
わざわざ大阪に来る必要はありません。

「笑いの本場は大阪だ!だから大阪で芸人になるべきなんだ!」という心意気は素晴らしいです。

でも、東京にNSCがあるのでわざわざ大阪に来る意味がありません。

標準語のネタは、大阪では受け入れられにくいです。

それの関東人が大阪NSCに入ると、このような手順を踏みます。

  1. 大阪NSCに入るために、大阪に引っ越す
  2. 大阪で売れた後、また東京に引っ越す

これは非常にコスパが悪いです。

大阪の人が、始めから東京に行くのはありですけどね😁

関東地方出身者は、東京NSCに入りましょう!

新喜劇に入りたいなら例外

僕の同期であり親友は、札幌から大阪NSCに入学した方がいました。

「なぜ、大阪NSCに入ったんだ❓」と聞きました。

そしたらこう答えました。
「新喜劇に入りたかったから!」と・・・

新喜劇に入りたいなら、例外です。それなら大阪NSCに入った方がいいでしょう。

ただ・・・

標準語を関西弁に矯正する。

この手順をまずふまないといけませんけどね💦

東京との往復がメンドウ

新幹線

これは、売れた芸人の話です。

なので、NSC生には全く関係のない話と言っていいでしょう。

大阪芸人はこの手順で東京に進出します。

  1. 大阪で売れる
  2. 東京での仕事が増え始める
  3. 完全に東京に進出する

ここでポイントとなるのは、2です。

東京での仕事が増え始めると、『大阪⇆東京』の往復生活が幕を開けます。

大阪〜東京まで新幹線で2時間半。

仕事開始の2時間半前って、寝てますよね😁

この移動がとてもメンドウです。

俗に言う、「新幹線の移動時間ぐらいしか寝る時間がない」状態。

「大阪吉本の芸人なのに、週20日以上は東京での仕事。」

こんな感じになります。

そうなるとどうでしょう?

家賃って凄い無駄じゃないですか❓

月半分以上、東京で寝泊まりしているのに、家賃を払う意味がありません。

これが大阪芸人の短所です。

とはいえ・・・

そこまでいけた段階で、ほとんど売れたようなもんですけどね😁

東京での仕事が多いのに、大阪で家賃を払う意味がない

まとめ

この記事では、東京NSC入学よりも大阪NSCに入学することの短所について書きました。

最大の短所はこれです。

大阪芸人は2度売れる必要がある

これは、大阪吉本の芸人だけでなく、大阪の芸人全員の短所と言えるでしょう!

関東の人は、始めから東京NSCに入りましょう!
わざわざ大阪に来る必要性はないです。

「大阪NSCに入ることの長所を知りたい!」という方はこちらの記事をご参考ください!
NSCへの入学を迷っている人に伝えたい!【大阪NSCの長所5選】

なんらかの参考にしてくれると嬉しいです!

ありがとうございました〜!南方神起でした〜!

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる