MENU

お笑い芸人はなぜ、コンビが圧倒的に多いのか?【芸人の経験と考察】

はいどうも〜!おみくじを引いたら、「良い方角 『西』」と出た、本名『南』の芸人。
南方神起です!

  • お笑いが好きだ!
  • これから芸人になろうと思っている

この記事は、そういう方にオススメの記事となっています。

この記事のテーマはこれです

なぜ、お笑い芸人はコンビを組んでいる人が圧倒的に多いのか?

こんな感じのテーマです。

南方神起

僕は、吉本興業の運営するお笑い学校:NSCを卒業しております
現在も、吉本興業に所属しております
よろしくおねがいします〜❗

TVをつけると、そこにはお笑い芸人が写っています。

最近は芸人達がYou Tubeにも進出し、大きな話題になっているとか、いないとか・・・

そのお笑い芸人たちは、ほとんどの人間がコンビで活動しています。

ある程度の地位を得ると、コンビそれぞれ別々で活動をするようにはなりますが・・・

まだ駆け出しの若手芸人は、ほとんどがコンビでの活動を余儀なくされます。

そこで僕はこう思いました。

「なぜ?芸人たちは、ほとんどがコンビを組むのか❓」 と・・・

この記事では、この部分に対して考察していきます。

参りましょう!

まず結論から

ネタ作りはコンビが1番簡単だから

これですね。

「なぜ芸人たちは、ほとんどがコンビを組むのか?」と考えたら、ここに行き着きましたね😁

「ピンとコンビ以上のグループの長所・短所について知りたい!」という方はこちらをご覧ください
芸人志望者必見!【ピンとコンビ以上のグループの短所・長所とは?】

ではなぜ・・・1人でもなく、3人でもなく、2人がいいのか?

順番に書いていきます。

スポンサーリンク
目次

会話ができるから

会話

ネタ作りは「会話ができるかどうか」で難易度が変わる

コンビ以上のグループが、ネタ作りにおいて享受できる最も大きな恩恵。

それは、『会話ができる』というアドバンテージです。

「会話ができるかどうか」でネタ作成の幅が、かなり広がっていきます。

まぁこれは、コンビを解散した僕が常に思っていることです🥲
「コンビやったらもっと、いろんなネタできるのにな〜」と。

「会話ができる!」というのが圧倒的アドバンテージ

ピン芸人は会話ができない

それに引き換え、ピン芸人は会話ができません。
相方がいないですから。

なので、ピンネタ作りの難易度は、コンビネタよりも高いです。

まぁこれは、僕がコンビを組んでおり、解散をしたからそう思っているのかもしれません🥲

初めから「俺はピンでいくぞ❗🔥」と思っていたら、この事には気づかなかったでしょう。

それに「『ピンネタを考えるのが難しい』とか言っているから、おまえは売れてないんだ!」

と言われたら、それはその通りかもしれませんね😭

ピンネタによっては、観客が「どういう人と喋っているか」というのが分からないと、ダメなネタもありますけどね😁

ピン芸人は会話ができない

じゃあなぜコンビが多い?

コンビ

ここまで読んでこう思ったかもしれません。

「『会話ができる』のがいいというのはわかった。でもそれならなぜ、コンビが圧倒的に多いんだ?」と・・・

『会話ができる』がアドバンテージなら、3人でも4人でもいいかもしれません。

でもなぜ、2人がいいのか?
それについての答えはこうです

”ボケ”と”ツッコミ”で分かれられるから

お笑いのネタは、ボケとツッコミに分かれますよね。

つまり、ボケという役割と、ツッコミという役割に分かれて観客を笑わせます。

コンビが1番キレイに、わかりやすく、
この”ボケ”と”ツッコミ”の役割に分かれることができます。

  • ボケ   ➔ あいつ
  • ツッコミ ➔ こいつ

と、キレイに役割分担できます。

コンビは”ボケ”と”ツッコミ”きれいに分かれられる

トリオはどうなんだ?

トリオ

お笑い芸人なら、トリオの方達もいます。

「会話ができる方が有利というのはわかった。でもトリオの方がもっといろんなことができて、
有利なんじゃないのか?」

という声も聞こえてきそうです。

ボケ・ツッコミ・【あともう1つ】の役割を作らないといけない

僕はトリオ経験はないので、周りの人間の意見を参考にすると、こうなります。

3人それぞれに見せ場を作らないといけない

コンビは『ボケ』と『ツッコミ』きれいに分かれられます。

トリオは、ボケ・ツッコミ・【あともう1つ】の役割を持たせないといけません。

これが、トリオの難しさではないでしょうか。

それ2人でもできるやろ

これはNSC時代に、トリオでネタ見せの授業に参加していた組が、講師からよく言われていたことです。

「そのネタ2人でもできるやろ❓3人の意味あるか❓」と・・・

トリオになると、これまた難しく、「3人じゃないとできないネタ」を作らないといけません。

だからトリオの芸人も少ないです。

まぁあとは「ギャラが3等分になるから」とかもあるでしょうね😁

トリオは3人それぞれ役割をもたないといけない

基本はボケ2人・ツッコミ1人

保々すべてのトリオが、ボケ2人・ツッコミ1人でやってます。

もっと細かく分けると、【大ボケ・小ボケ・ツッコミ】ですね。

まぁ、大ボケと小ボケの違いはほとんどわからないですけどね😁

まぁ『ボケ2・ツッコミ1』です!

逆に、『ボケ1・ツッコミ2』のトリオは・・・

見たことないですね〜😊
もしかしたら、いるかもしれないですけど😁

トリオは、ボケ2・ツッコミ1のパターンが多い

まとめ

グループ

この記事では、「なぜ芸人は、ほとんどがコンビを組むのか❓」という事について、考察しました。

それについての解答はこれです。

コンビがネタ作りが1番簡単だから

そして、ピンとトリオならこうなります

  • ピン ➔ 相方との会話ができないから、ネタ作りが難しい
  • トリオ➔ 3人それぞれに役割を作らないといけないから、これまたネタ作りが難しい

つまるところ、最終結論はこうなります

結局、コンビが1番いい

まぁ当たり前ですね😁

僕がこんな感じで「ドヤっ❗」と結論を出すまでもないですね😢

僕がいちいち解説せずとも、芸人さんたち全員が答えを出してます。

ほとんどの芸人がコンビを組んでいるという答えがね😁

最後に

なんだかんだで、コンビを組むのが1番無難ですね😁

現在学生であり、これから親友同士で、お笑い芸人になろうとしている方!

絶対にコンビを解散してはいけません。

「今、売れているコンビ」にフォーカスすれば、お笑いの世界に入ってから出会った者同士もいますが、

「今も、売れ続けているコンビ」にフォーカスすれば、ほとんどが学生時代からの親友同士です。

この世界に入ってから出会った者同士となると、かなり人数が少なくなります。

これは僕が1人でお笑いの世界に入り、コンビを解散したから、思っていることです。

何かしらの参考になると、幸いです😁

南方神起でした😁 ほなね〜👋

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる