吉本興業について【実際どんな会社?10年内部にいる人間の体験談】

どうも〜! NSC大阪卒業! 吉本に入って10年目の南方神起です!😁

「今やテレビで見ない日はない!」 とまで言われている吉本芸人。・・・

といっても、あくまでも「テレビで見ない」だけであって、最近なんかはみんなYou Tube見てるんで、そもそもテレビ見てないんですけど😁 まぁ一応、「吉本なしではテレビは作れない」とまで、まことしやかに言われているんだとか・・・

というわけで、吉本に10年いる私が、今日は吉本の紹介をします!

スポンサーリンク
目次

何の会社?

まぁ、この記事を見られている方にわざわざ言うまでもないですが・・・

吉本興業株式会社は、大阪市中央区難波千日前・新宿歌舞伎町に本部を置く吉本興業グループの芸能プロダクション・プロモーター・テレビ番組制作プロダクションである。

Wikipedia

堅苦しい説明が載っていますが、要はお笑いの会社ですね😁

たくさんのお笑い芸人が、いる会社。 この認識でOKです!

「吉本」と聞いて、1番なじみ深いものといえばやはり『吉本新喜劇』ではないでしょうか?

大阪では毎週土曜日13時〜 放送してますね😊 

数年前の『ワイドナショー』で言っていたのですが、「大阪人が東京に行って嫌だったことランキングワースト10」みたいなのを放送していたんですけど・・・

それの第1位が「吉本新喜劇が放送しないこと」だったので、まぁそれほど関西圏では幼い頃からおなじみであり、たこ焼きや、お好み焼きと並ぶ大阪名物と言っても差し支えないかなと・・・三重県出身の私は個人的に思います😁 

三重県出身の人間ですからね😁 バリバリの大阪人が言ってるわけではないのでご了承ください😌

創立 1912年。  ちなみに僕の元バイト先であり、同じ大阪を代表する観光名所『通天閣』も1912年創業です。 

1時期、通天閣は吉本の所有でした。 1時期といっても、第2次世界対戦前ぐらいです。

ちなみに、「お笑いといえば吉本」と、全国区に知れ渡っていると思いますが・・・作るイベント・舞台、全部が全部お笑い公演というわけでもないですよ! 

例えば、海外から演者を招いてダンスショーみたいな公演をしたり・・・本物のピエロを招いたショーなんかもやってます。 「本物ピエロってなんやねん?」って感じかも知れませんが、俺もようわかりません。 「本物ピエロや」言われたんですから、本物のピエロです。

吉本興業が手掛ける、お笑いじゃない公演で、僕が1番「良かったな〜❗😆」と思ったのは、

『スラバのスノーショー』  て公演ですね😁

コロナが収まったら、またやると思います😊  

所属芸人と社員

所属芸人数と給料

メディアや先輩芸人がおしゃっている「所属芸人は6000人」というのは本当なのかどうか?

結論、本当ですね😊   

この6000人というのは、「NSCを卒業して、吉本と連絡取れる人が6000人いる!」 ということだと思います。

NSCについては、こちら!

「実際に、芸能活動していることがちゃんと確認できる」という風に絞り込むと、僕の勘ですが多分2000人ぐらいです。 残りの4000人は、「NSCを卒業しているが、ようわからん幽霊芸人(幽霊部員みたいな)」です。

僕の勘ですが・・・

  • 6000人中2000人が芸能活動を行っていることを確認できる。 
  • どんな仕事であれ、吉本から月1万円以上の収入をもらったことがある芸人が、6000人中1000人
  • 吉本からの年収が10万円以上いったことある芸人が、300人。 
  • 吉本からの収入で食べていけるのが150人ぐらい。

かなぁと・・・僕の独断と偏見です。

そしてこれは社員さんからの話を結びつけて、自分なりに導き出した答えですが・・・

吉本が年間で芸人に対して出している給料の全額。そのうちの、おそらく35%〜40%をTOP10の芸人が持っていってると思います😁

だから20XX年、吉本興業が6000人全員に対して支払った給料が100億だとしたら、35億〜40億をTOP10の芸人がもらっていく・・・ということですね😊

残りの60億を、5990人で分けるということです。😁 

といっても給料0円の人が4500人はいると思います😊

ただ、これはあくまでも僕の予想ですので違う可能性もあります🙇 僕のおおよその数値です。

社員

吉本に30年以上いる社員さんによると、「うちは(吉本)は大学生に就活先として、結構人気あるねん!」とのこと。 

とはいっても、闇営業騒動前に聞いた話なんで・・・今も人気かはわからないですけど😁

  • 2020年9月1日時点での従業員数は878人。
  • 男女比 男56:女44
  • 社員の平均年齢 37歳
  • 社員の出身地     
    • 1位 大阪
    • 2位 東京
    • 3位 兵庫
    • 4位 埼玉・神奈川
    • 5位 京都    
  • 新卒社員 32%  中途採用 68%

ん〜・・・こう見ると、以外に女性従業員が多いですね!

878人全員が、正社員ということはないでしょうね。 半分以上が契約社員でしょう。

どれぐらいの比率かはわからないですけどね。 出会う社員さん全員に「あなた正社員ですか?」なんていちいち聞かないですから😔

『吉本興業の社員』と1口に言っても、芸人と密に関わるのはマネジャーぐらいじゃないでしょうか?

いわゆる、吉本社内で言うとこの『マネジメント部』と呼ばれる部署ですね😊

テレビで吉本芸人がよく言っている、「1人の社員が何人もの芸人のスケジュールを担当している」というのは本当!

えっ?何?「6000人もいる芸人のスケジュールを全部管理するのは不可能だろ」って?

できるんだな〜それが! 

なぜなら、ほとんどの芸人仕事ないですから😁

仕事がなかったら、そもそも「スケジュール管理」もくそもないでしょう?😭

闇営業騒動

もうあれから2年経ちます。 未だに1番売れてた方は吉本に戻ることはできていません。 

当時、メディアは『闇営業』1色になりましたが・・・

正直、騒動になってた時から僕が思っていたことは「まぁ、俺にはほとんど関係ないだろうな😁」ということです。 『大阪吉本所属』ですが、「ほとんど何も変わらないだろうな」と・・・

で実際、「騒動前と騒動後で、僕にとって何か大きく変わったか?」と聞かれたら、「別に何も」という感じです。 

まぁ、変わった部分もありますよ! でも、ほとんど関係ないです😊

僕の感想としては、騒動中も騒動後も・・・

「別に下っ端の芸人や、社員には結局ようわからん」 って感じです。

ただ、僕は社員ではないので、社員はどう思ってるのかわからないですけどね😁

そして芸人方がよく言う「ギャラの配分は吉本9:芸人1」・・・

これも、岡本社長の記者会見で話題になりました。 実際のところどうなんでしょうか?

吉本芸人の給料事情

岡本社長の記者会見があったあと、大阪芸人は『よしもと漫才劇場』という劇場に集めらました。

そこで『コンプライアンス講習』という講習を受けました。 『講習』といっても、実際は始業式や終業式と同じような感じです。 

要は、校長先生の話を聞く。 これと保々全く同じような感じです。

そこで、講習担当した社員さんの話によると・・・

「TVでよく言う、『吉本9:芸人1』というのはない! 悪くて 6:4 である」とのことでした。 これ以上の説明はなかったので、聞きようがありませんでしたが・・・

yahooニュースや、色んな方のYou Tubeを参考にすると・・・

まず、吉本が他の芸能事務所に比べて、給料が安いというのは本当です。ただし、これには理由があります。

吉本興業という会社は、『なんばグランド花月』(大阪の吉本の本拠地の劇場)をはじめ、全国各地に劇場があります。 その劇場の維持費のために、芸人の給料が抑えられるのは仕方ないことです。

劇場といっても、音響や照明などの各種設備の維持費がかかります。 

例えば、『照明』といっても普通のご家庭にある照明設備とはレベルが違います。 電気代がとてもかかるでしょう。 しかも照明も1つではありません。 

舞台上には何個も照明があります。 

それらを1時間つけているだけで、いくらになるか・・・ わかりませんが💦 まぁ、家よりは高いでしょう!

なので、設備の維持費がかかるので、芸人達の給料が抑えられている・・というのが僕の考えです。

他の事務所はどうでしょう? 

そもそも吉本のように、自前の劇場を持っていません。 

なので『劇場の維持費』『固定費』なんかがかかりません。 

その分、事務所と芸人達に支払われる給料の取り分を、芸人側に多く渡すことができるのでしょう。 

あともう1つ。 吉本のような大きな事務所と小さな事務所の違いがあります。

吉本のような大きな事務所から売れっ子芸人が出ると、こうなります。

「売れたのは吉本のおかげや!」

ですが、小さな事務所だとこうです。

「売れてくれてありがとう!」 

だから、給料も芸人の方が取り分が多くなるのでしょう。

吉本にいるメリット

ただ大事なことを言います。

確かに吉本の給料が安いのは間違いないでしょう。 その代わり、給料面以外で明らかに吉本が優れている面があります。

① 自前の劇場があるのでどんなに売れていない芸人でも、劇場に出ることができる

② 吉本のブランド力で、メディアに出ることができる

この2つです。

闇営業騒動で、いろんな若手芸人達が「ギャラが安いギャラが安い」と言いましたが・・・

そもそも、吉本のおかげで得していることもあるはずです。 別に劇場に出れるだけではありません。

「吉本の芸人だから」という理由で、いろんな所に呼ばれて、いろんなイベントに出ることができる。  これも吉本の強みだと思います。

とまぁ、なんか・・・ こんなこと書いてたら、「めっちゃ吉本にこびるやん!」って思うかもしれませんが🤣・・・僕の個人的な感想です。☺️

まぁ、結局のところ「吉本はいい会社なのか?」と聞かれれば、僕はいい会社だとは思います。

まぁもちろん、これから先、嫌なところをたくさん見る可能性もありますけどね😊

嫌なら、とっくに辞めてます。😁

まとめ

「じゃあ、おまえはこれからもずっと吉本にいるのか?」と聞かれれば、

「それはわからない。今は辞めるメリットがないから、吉本にいるだけ」という回答になりますね😃

僕はそもそも売れてないので、辞めても辞めなくても、どっちも変わりません。 

なので、今はとりあえず「吉本におらしてもらおかな〜」 そんな感じです😁

吉本興業という会社は、よくも悪くもいい加減なんで、別にいてもいなくても、何も変わらないですから😁

それだったら、いよう! って感じですね😆

以上です! 南方神起でした〜! 「いや誰やねん?」って感じかもしれませんが、南方神起でした。

ちなみに・・・「いちいち言わなくてもわかってるはアホ!」って思うかもですが、東方神起さんとは何も関係ございません😁

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる