MENU

なんばグランド花月を、ゴールデンウィークに吉本芸人が見に行った話

なんばグランド花月
  • 大阪で生のお笑いを見たい!
  • なんばグランド花月を見に行きたい!
  • なんばグランド花月って本当におもしろいの?

この記事は、このような方にオススメです

「なんばグランド花月」を見に行った人の感想を聞きたい!

このような方にこそ、届いて欲しい記事です!

この記事は吉本所属である僕が、ゴールデンウィークに、1人でなんばグランド花月を見に行った時の感想です。

「吉本所属だからいいように書いてるんだろ?」とか……
そんな事は一切ありません。

純粋に、1人の吉本芸人として……お笑い好きな人間として……
NGKを見に行った、1人の人間としての感想を書いてます!

南方神起

吉本興業の南方神起と申します!
よろしくお願いします〜!

この記事を読んでいる皆さん!
こんな記事なんか読むのやめて、今すぐになんばグランド花月のチケットを予約してください😊

それぐらいの気持ちで書いております!

それでは参りましょう!
まずは、なんばグランド花月を見にった感想です!

やっぱりなんばグランド花月は最高!

スポンサーリンク
目次

なんばグランド花月を1人で見に行った理由

なんばグランド花月のチケット

僕は、関西にある色んなお笑い劇場の感想を書いています。

僕は吉本所属です。

「なんばグランド花月(略称:NGK)の感想は、見に行かんでも書けるやろ」
と思ってました。

現に、NGKは今まで何回も見に行った事があります。
実際に行かずとも、感想は書けるでしょう!

でもふと思いました。
「いやっ、あえてゴールデンウィークのNGKを見に行く事もありとちゃうか?」と……

普通のお笑い芸人なら、ゴールデンウィークに自社の劇場を見に行く事はしないでしょう。

でもあえて「自らの身銭を切ってNGKを見に行こう!」と決意しました。

もちろん、友達や彼女と一緒に見に行くのが最高です。

でも急に決めた事なので、1人で見に行くしかありませんでした。
なのでゴールデンウィーク最終日の最終公演を見に行きました。

なんばグランド花月の開演まで

なんばグランド花月の出演者
  • 開場時間 18:30
  • 開演時間 19:00
  • 座席は2階席の最後列

つまり、舞台から1番遠い座席ですね。

“なんばグランド花月”開演まで、ショップをウロウロ

ゴールデンウイーク最終日とはいえ、保々満席でしたね。
チケットは完売すると思ってたけど、結局しなかったようです。

「今まで何回もNGKに来た事はある!」と言っても、コロナ禍になってからは初です。

NGK内の各ショップも色々と変わってました。
「へ〜!こんな感じになってるんや!」てね。

「よしもとエンタメショップ」というお店も行きました。
そこには、吉本芸人のグッズが売っております。

何も買わずにお店を出ました😊

だって、吉本芸人が吉本芸人のグッズを買うって、意味わからないですからね!

なんばグランド花月の劇場内に入る

エスカレーターに乗って、NGKのエントランスに行きます。

エスカレーターを上がって左側にこんなものがありました。

これを見た時の感想は……「意味がわからん!」でした😊
そして今も意味はわからないです。

僕が最後にNGKに来た時は、エントランスにレッドカーペットなんか引かれてなかったですね。

NGKのレッドカーペット

それに僕の知っている、NGKの受付のお姉さんは皆さん、いなくなっていましたが……
相変わらず、皆さん綺麗でしたね😊

あとびっくりしたのが、NGKの警備員に若い女性スタッフがいた事ですね😀
これも皆さん綺麗でした😉

コロナ前なんか、おっさんの警備員しかいなかったですからね😭
しかも仕事中に、たこ焼き屋の呼び込みをやり出しよるからね。

自分の座席に座る

開演時間の10分前(18:50)に自分の席に座ります!

もちろん、僕の両隣には知らない人が座ります。

僕の左にはカップルが座っております。
会話からして「お笑い好きのカップルやろな!」とわかりました。

女性 「M-1はいつも見る!だって感動するもん」
男性 「へ〜そうなんや!」

女性 「芸人で誰が1番好き?」
男性 「芸人なら、浜ちゃんやな〜。でも、ネタなら金属バットやな」

女性「アハハハ!すごい尖ってるよね〜!
男性「そうやな〜!でも、かまいたちも好きやな!」

女性「かまいたち、おもしろいよね〜!」

こういう会話は、聞き耳を立ててしまうもんです😊

僕の右側には、僕と同じく「1人で見に来てるんやろな〜!」と思しき方が座っていました。

NGKに1人で来るとは……
この方も、お笑い好きの方でしょうね😁

なんばグランド花月の前説は、なし

コロナ前のNGKや祇園花月では、開演の10分前に若手芸人による前説が始まります。

残念ながら、現在は前説はありませんでした。

ちなみにこの「前説をできるようになる!」
という所まで、たどり着ける芸人がほとんどいないです。

見ているお客さんからしたら「知らん若手が出てきよったな!」って感じでしょう。

吉本には6000人の芸人が所属しておりますが……

  • なんばグランド花月
  • よしもと祇園花月
  • 新宿のルミネtheよしもと

これらの劇場で「前説をできる芸人!」というだけで、上位300には入っているでしょうね😌

前説の代わりに、映画の宣伝のような映像が流れる

僕は前説から楽しむタイプです。
しかし、コロナの影響でしょう……

前説はなかったですね😭

その代わり、NGKのスクリーンに訳のわからん映像が流れていました。

映画を見に行った時の、予告編のようなものですね。

いつもなら

  • 「スマホは音が出ないようにしてください」
  • 「ケータイ電話による撮影・録音は一切禁止しております」
  • 「拍手の練習をしましょう!」

などの、おなじみの前説の流れがありますが……

今はNGKスタッフのお姉さんが、本番前に客席でお客さんに対して言っているようです。

まぁ前説を芸人がするよりも、綺麗なお姉さんが出てきて、「ケータイ電話は音が鳴らないようにしてください!」
と言った方が個人的には嬉しいですけどね💓

“なんばグランド花月”開演直前

鼻油茶

コロナ前なら、前説芸人が「それでは本番スタートです!」と言った後、劇場が暗くなって本番がスタートします。

そして、1組目の登場曲が流れたときに、再び明るくなって1組目が登場します。

現在は、前説もなくそのままの明るさで、登場曲が流れてスタートに変わっていました。

これはどうなんでしょうね?

本番が始まる前に、一回暗くした方がいい

基本的に演劇は、本番が始まる前に場内BGMの音を大きくします。
おそらく皆さんも、ご経験があるでしょう。

BGMを大きくすると同時に、劇場内の電気を暗くします。

NGKは、本番が始まる時に

  1. いったん暗くすると同時に、BGMを大きくする
  2. 1組めの芸人の登場曲が流れる
  3. 登場曲が流れて、少ししてから再び電気を明るくする
  4. 1組め登場

僕が最後にNGKを見に行った数年前はこんな流れで、本番が始まっていました。

今回は、そのままスタートだった

今回NGKを見に行った時は、本番が始まる時に

  • BGMを大きくする
  • 客席の電気を暗くする

こういった演出が無くなっておりました。

コロナの影響なんでしょうか?よくわかりませんが……
とにかくなかったです。

映画の予告編のような映像が終わった後に、チャイムが鳴ります。
そのままの明るさで、本番スタートです。

「電気を消す」「BGMを大きくする」で、お客さんに構えさせるべき

個人的には、本番が始まる前に

  • BGMを大きくする
  • 客席の電気を暗くする

この2つの演出はあった方がいいです。

なぜなら本番が始まる前に、お客さんに「いよいよ本番が始まるぞ!」とスタンバイさせた方がいいから。

前説もなく、予告編のような映像が流されていて、いきなり本番が始まると……
お客さん側がまだスタンバイできてないような気がします。

あれ?なんか急に始まったぞ!

こんな感じの空気が、お客さんの間に流れていました。

特に自分は、2階席の1番後ろで見ていました。

なおさら「おぉ、いきなり始まるんか」という空気が流れていました。

なので

  • BGMを大きくする
  • 電気を暗くする

本番直前に、この2つの演出が合わさる事で、

おっ!いよいよ始まるぞ!

と、お客さんにスタンバイさせれます。

この「本番前」と「今か本番が始まりますよ!」の間を区切る演出は、コロナ前の方がよかったですね😊

もっとお客さんに「本番が始まるぞ!」と構えさせた方がいいというか…

とはいえ……
その演出があろうがなかろうが、ほんのちょっとの変化しかないですけどね😊

長々と書いて「どないやねん!」って感じですが、
どっちかと言えば「あった方がいいやろな」ぐらいです😉

そんな事で、ライブの点数なんか変わらないでしょう。

”なんばグランド花月”本番スタート

なんばグランド花月の舞台

そいていよいよ、1組目が登場します。

上で書いたように、登場した直後は「いきなり始まった感」がありましたね😭
特に2階席はね。

なんばグランド花月の公演の流れは

  1. 漫才・コントブロック
  2. 休憩
  3. 吉本新喜劇

この流れで進みます。

漫才ブロック

なんばグランド花月は1階席と2階席があります。

NGKは1階席で見るべき

やっぱり見るなら、1階席で見た方がいいですね。
2階席の方が、チケット代500円安いですが……

可能な限り1階席で見るべきです。

1階席のお客さんが、のけぞるほど笑っていても、
2階席のお客さんは「そんなに笑ってない」という場面もありましたからね。

NGKの2階席は、舞台までが遠いです。

お客さんも「うわっ!遠いな!」と言ってましたから😭

最後3組のウケ方は別格

とはいえ、漫才ブロックの最後3組。

  • 笑い飯
  • 中川家
  • 海原やすよ・ともこ

このお3組のウケ方は、別格でした😁

2階席ものけぞるほどの、波打つような笑いが起きてましたね😊

特に中川家:礼二さんの、電車関連のモノマネ。
その中に「新幹線のトイレ」があります。

おそらくお客さんも、そして皆さんも、TVやYouTubeで見た事があるでしょう。

ネタで「新幹線のトイレ」の部分に差し掛かった時に、客席から拍手が起こりました。

その時に思いましたね。
「あっ!礼二さんの新幹線のトイレは、志村けんさんの『アイーン』の領域に入っているな」と……

普通、TVやYouTubeで見た事のあるネタはこう思うはずです。

「いやっ、それ見たことあるけど」ってね。

でも「新幹線のトイレ」の話になった時に拍手が起こるとはどういう事か?

お客さんも

  • 「よっ!待ってました!」
  • 「来た来た!あれが見れる!」

そう思ってるという事ですね。

なので、「志村けんさんの『アイーン』の領域に入りつつあるな」と思いました。

NGKのよしもと新喜劇開演

休憩が終わった後に、吉本新喜劇です。

僕か見に行った当日は、ゴールデンウィークの最終日・最終公演です。

お客さんも疲れていたのでしょう。

漫才ブロックの

  • 笑い飯
  • 中川家
  • 海原やすよ・ともこ

このお3組で、笑い疲れていた印象がありますね😊

そして、2時間10分にわたる公演が終了しました。
正直、あっという間でしたね。

2時間10分って……
近鉄特急:ひのとり が難波〜名古屋まで行く時間と同じですからね😁

なんばグランド花月を見に行った感想

なんばグランド花月

いや〜、あんまり舞台に出る側の僕が、こんなことを言うのは良くないですけど……

見に行ってよかったですね😁 元気が出ました。
最高でした。

何よりもその日の出演者が全員、僕よりも芸歴が先輩やったのがよかったですね😊
後輩が出てたら、逆に元気なくなってる可能性ありますからね😭
「俺こんなもん見て、笑てる場合ちゃうわ!!」ってね。

「あっ!俺ってやっぱりお笑いが好きなんやな!」と再確認できました😊

お笑いの素晴らしさに、再び出会えた気がします。

開演前は「まぁ〜ほとんど笑う事はないだろうな」と思ってました。

僕も芸人ですからね。

「笑わない!」と決めてたわけじゃないですよ。

「笑う事はないだろうな!」と思ってました。

でも、いざ始まってみると、1人やのに普通に笑ってしまいましたね。

1番笑ったのが、新喜劇の島田珠代さんのセリフでしたけどね😁
6月4日にその新喜劇が 放送しますから、ぜひご覧ください。

僕はこちらの記事で「お笑いライブを初めて見る人は、NGKに行くべし!」
という結論を書いてます。

✔️お笑いライブを初めての人必見【初心者にオススメの関西の劇場3選】

今回、GWに1人で見に行って更にその想いを強くしましたね。

「お笑いを人生で初めて見る!」という方は、4,800円払ってでもNGKに行くべきです。

変に安い劇場に行くと、損するでしょう。

それぐらい、自信を持ってお届けできますね!なんばグランド花月は。

師匠方のおもしろさなら、吉本が圧倒的やと思いますよ。

なぜなら、吉本の師匠方は若者も笑わせないといけないから!

吉本以外の劇場なら、「そもそもお客さんはご老人しか来ない。」
という劇場もありますからね。
それだと、若者の事なんか気にしなくてもOKですから。

さぁ!そういうわけで、この記事は「1芸人がゴールデンウィークになんばグランド花月を見に行った話」でした😊

ほなね〜😊

なんばグランド花月

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる