MENU

なんばグランド花月の楽しみ方!吉本芸人の僕ならNGKをこう楽しむ

  • 「なんばグランド花月でお笑いを見に行きたい!」
  • 「なんばグランド花月って予約しないと入れないの?」
  • 「なんばグランド花月って、新喜劇を見れるの?」

いつか、なんばグランド花月に行ってみたい!

この記事は、こんな想いの方にオススメです。

私が、なんばグランド花月を見に行って感じた、「なんばグランド花月の楽しみ方」について書いてます。

僕は、吉本興業に所属しており、大阪に10年住んでおります。

南方神起

南方神起と申します。よろしくお願いします〜!

この記事では、吉本所属の僕が「なんばグランド花月はこうやって楽しむのがいいだろう!」
という、個人的な独断と偏見の記事となっております。

もちろん、普通にNGKに行けばOKですが、僕が実際に行ってみて「ここはこうするべきやな!
と思ったことを書いてます。

この記事を読めば、明日の会社・学校を無断欠勤してでもNGKに行きたくなるでしょう!

では参りましょう!

なんばグランド花月の楽しみ方を、次の6つに分けて解説します。

  • 土日祝ならチケット予約すべし
  • NGKの開場前
  • NGKの開場後
  • NGKの開演直前
  • NGK開演
  • NGK終演後

「なんばグランド花月のアクセスについて知りたい!」方はこちら!

✔️【なんばグランド花月のアクセス】吉本芸人が教える、NGKの行き方

スポンサーリンク
目次

なんばグランド花月の楽しみ方

なんばグランド花月のどんちょう

言うまでもなく、僕の個人的な独断と偏見です。

「俺ならこうする!」という事を書いているだけでございます。

「なんばグランド花月のアクセスについて知りたい!」という方はこちら

✔️【なんばグランド花月のアクセス】吉本芸人が教える、NGKの行き方

なんばグランド花月のチケット購入

なんばグランド花月のチケット

土日祝・大型連休なら、チケットは予約した方がいい

ゴールデンウィークに、なんばグランド花月に行った時に、チケット売り場でこんな事を聞いている人がいました。

「えっ?チケットって予約しないと入れないんですか?」

NGKのチケットは、普通の平日でないのなら予約すべき

この質問に答えるなら、こうです。

【なんばグランド花月を見るなら、チケット予約は必要か?】

  • 普通の平日 : 特に予約なくとも入れる
  • 普通の土日祝: 予約した方がいい
  • 夏休み・冬休み・春休みの平日: 予約なしでも入れることもあるが、基本的に予約した方がいい
  • 夏休み・冬休み・春休みの土休日: 前日までに予約しないと、入れない可能性が高い
  • ゴールデンウィーク・お盆・年末年始 : チケットの前売りが発売されると同時に予約しないと、入れないかもしれない。

上記の人は「なんばグランド花月は特に予約なんかしなくても入れるだろう!」と思っていたのでしょう。

普通の平日や普通の土日なら、その日に来て直近の公演を見る事はできるでしょう。

ただ……ゴールデンウィークの「その日にチケットを買って、その日の公演を見る!」
というのは、ほぼ不可能でしょうね。

だってゴールデンウィークですから!

ゴールデンウイークは最も観光に適したシーズン

1年間で大型連休は3つあります

  • ゴールデンウィーク
  • お盆
  • 年末年始

この3つの中で、最も過ごしやす気候はゴールデンウィークでしょう?

  • お盆 : 暑い
  • 年末年始 : 寒い

1年間で最も観光に適したシーズン、ゴールデンウィーク。
そのゴールデンウイークで、予約なしにNGKを観るのは、ほぼ不可能と言っていいでしょう。

その日の朝、NGKがオープンした直後に、その日の最終公演のチケットなら買える可能性はありますけどね😁

でも、立ち見は覚悟した方がいいでしょう。

自分で言うのもおこがましいですが、なんばグランド花月は大阪を代表する観光施設です。

大型連休に「なんばグランド花月を見に行こう!」と思っている方……
どんだけ遅くとも1週間前には、予約した方がいいでしょう。

「なんばグランド花月のオススメ公演を教えて!」という人はこちらもチェック

✔️【なんばグランド花月のオススメチケット】吉本所属の人間が教えます

観光施設を舐めている人?(余談)

「おそらく」の話をここではします。

完全に余談なので、飛ばしてもらって結構です😊

大型連休はどこでも混む

ゴールデンウイークにも関わらず「なんばグランド花月って予約しないと入れないんですか?」
と言っている方は、お笑いに興味ない方でしょうね。

「NGKなんか、そんなに人来ないだろう!」と、たかを括っているのかもしれません。

大型連休なんて基本的にどこも混みます。

特にNGKのような、観光地は明らかでしょう。

NGKだけではありません。

  • 京都にある「よしもと祇園花月」
  • 新宿にある「ルミネtheよしもと」
  • 各、落語の寄席

大型連休の吉本の劇場は、予約なしで、その日の公演を見るのは難しいでしょう。

特にNGKは、吉本の頂点に立つ劇場です。
「その日にチケットを買って、その日の公演を見る。」

大型連休にこれを行うのは「強運が必要」だとお思いください。

宝塚でも、GWの当日券なんかほとんどないでしょう。

GWって、イオンですら混みますからね😁

通天閣でバイトをしていた時の話

僕は通天閣で働いていた事があります。

正直、通天閣ほど「良くも悪くも舐められる観光地」はないでしょうね。

  • USJほど、エンターテイメント性があるわけでもない
  • 日本一高いビル「あべのハルカス」はおろか、難波や梅田にあるビル群の方が通天閣よりも高い
  • 大阪にある寺社仏閣に比べ、歴史があるわけでもない
  • だからと言って、最新鋭の何かがあるわけでもない
    (現在は「通天閣スライダー」があります
  • 通天閣周辺の治安もなんだか悪い

そんな通天閣でも、土日祝になると40分の待ち時間が発生します。

そこでよく言われました。
「なんでこんなに混んでんだよ!」てね😭

その方の気持ちを要約するとこうです。
「なんで通天閣ごときで、こんなに時間を取られるんだ? ディズニーやUSJじゃないのに!」

これは実際に働いている僕も思います。
「通天閣は、あべのハルカスやスカイビル、USJに比べると、あんまりレベルの高い観光施設ではない」と……

それでも大型連休は、どこも混みます。
「通天閣ぐらいなら、軽い感じで行けるだろう!」とお思いにならないようにご注意ください。

またコロナ禍で、東京よりも大阪の方が感染者が出た時も、こんなお客さんが来たそうです。

客:「なんでこんなにお客さん少ないん?」
スタッフ:「今、大阪やばいですからね〜」
客:「何が?」
スタッフ:「コロナが…」
客:「あぁ……」

僕はその話を聞いた時に「それ、わざわざ説明しやんとわからんか?」と思っていましましたね😓
まぁこれは、僕の性格が悪いのかもしれないですけど💦

通天閣もGWは1時間半ほどの待ち時間が出ます。

なんばグランド花月の楽しみ方①
➡︎ なんばグランド花月に行く日が決まっているなら、予約をした方がいい

https://ngk.yoshimoto.co.jp/ (なんばグランド花月の公式サイト)

なんばグランド花月の開場前

なんばグランド花月のチケット売り場

なんばグランド花月の開場前に、何をするべきか書きます。

なんばグランド花月、1日支配人芸人の開場セレモニー

NGKでは開場時に「なんばグランド花月1日支配人」を任命された芸人が出てきて、開場宣言を行う事があります。

公演中に写真撮影をするのは禁止です。

なので、芸人をカメラに収めるチャンスは、この「開場セレモニー」の瞬間しかないでしょうね。

ただし、土日祝や大型連休の期間に限ります。

その「開場セレモニー」もコロナの現在は、やっておりません。

なんばグランド花月は、食べ物屋・お土産屋もある劇場

NGKは

  • 食べ物屋
  • ドリンク
  • お弁当

などを販売している劇場です。

開演前に購入しておくのもいいでしょう。

ただし、コロナ禍の現在は「公演中の飲食は禁止」となっています。
まぁ、水を飲むぐらいならOKです。

僕の考えでは、お笑い中に飲食をするのは避けた方がいいでしょうね。

なぜならおもしろいセリフ・動きを見逃してしまうかもしれないから。

とはいえ、そんな事は個人の好きにすればOKです。
公演中に、弁当やたこ焼きを食べている人は、僕の経験では見たことないですけどね😁

たこ焼きとかなら、食べながら見てもいいかもしれませんね😊

【NGK周辺のオススメのたこ焼き屋】

  • 「吉たこ」 :NGK内にある 芸人がやっているたこ焼き屋
  • 「わなか」:NGK正面を向かって左にあるたこ焼屋。NGKの隣なので、わかりやすいです。
  • 「大阪で1番おいしいたこ焼きくん」 : NGKからはちょっとだけ遠いが、ここも非常にオススメ

なんばグランド花月の開場後

なんばグランド花月のエントランス

開場時間は、開演の30分前がほとんどです。
大型連休は、開演の15分前に開場することもあります。

NGKでの飲食は、コロナ禍の現在はNG

コロナ前の吉本の劇場は、公演中の飲食OKでした。

「飲食OK」の演芸って基本的にお笑いぐらいではないでしょうか?

というか、吉本の劇場ぐらいかもしれませんね😊

普通の劇場って、「飲食NG」のイメージが強いですから。

なんばグランド花月の開演直前

なんばグランド花月の自販機

開演直前には、スマホの電源を切りましょう。

僕は

  • 映画
  • 演劇
  • ライブ

などは、電源まで切る派です。

ちなみに、舞台上でネタをしている時に、お客さんがスマホを触るとそこに目が行きますね😭
だって、芸人がネタを披露している時に、スマホを触る人の方が圧倒的少数ですから。

『前説』も見た方が楽しめる

開演の15分前には着席しましょう。

なぜなら前説が始まるから!
(ただし、コロナ禍の現在は前説はなし)

僕の考えとしては、前説から見るべきですね😊

吉本芸人は、出番をもらう前にまずは前説から

これからNSCに入ろうと思っている、そこのあなた!
NGKや、祇園花月で前説の勉強はしておくべきです。

なぜなら、吉本芸人は

  • なんばグランド花月
  • よしもと祇園花月
  • ルミネtheよしもと

などで、『本公演』の出番をもらう前に、まず前説という道を絶対に通らないといけないから😊

NGKのトップバッターや、祇園花月のトップバッターは、みんな前説を経ています。
前説を経て、『本公演』の1番手の出番をもらっているわけです。

前説を通らずして、本番に出れる芸人は、ほとんどいないでしょうね。

急に売れる一発屋なら、前説なく本番に出れるかもしれないですけど……

吉本芸人は前説に出れるだけでもすごい

ちなみに僕の体感では、この前説まで上り詰める吉本芸人が、70組〜80組に1組程度です。

だから「NGK」や「ルミネ」を見に行ったことがある方……
前説の芸人を見て「誰やねん?」と思ったでしょう?

でも前説に出れる段階で、吉本芸人 の上位 300/6000人 には入ってますよ😊

なんばグランド花月開演

笑い
笑い

なんばグランド花月は

  1. 漫才ブロック
  2. 途中で、コントや大道芸が入るブロック
  3. 再び漫才ブロック(大トリまでいく)
  4. 休憩
  5. 吉本新喜劇

の順で進みます。

ここに関しては、特に書くことはないですね😁

思いっきり笑いましょう。

なんばグランド花月本番後

お土産屋に行きましょう!

ここもそんなに言えることはないですね〜😁

NGKを出て左に向かえば

  • 裏なんば
  • 日本橋

NGKを出て左に向かえば

  • 道頓堀
  • 心斎橋

があります。

「なんばグランド花月の近くにある観光地について知りたい!」という方はこちら

✔️【なんばグランド花月の周辺にある観光地3選】吉本芸人が教えます

なんばグランド花月の楽しみ方:まとめ

舞台

この記事では「なんばグランド花月を、僕ならこう楽しむ!」
という目線で記事を書きました。

言うまでもなく、僕の「独断と偏見純度100%」の記事です😉

楽しみ方なんか人それそれですからね。

なんやったら、チケット買ったのにNGKに入場せずにご帰宅してもOKです。

1つだけお願いを聞いてもらえるなら……

前説から見てください

これぐらいです。

以上!
南方神起でした〜!
ほなね〜。

https://ngk.yoshimoto.co.jp/(なんばグランド花月公式サイト)

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる