MENU

【なんばグランド花月のオススメチケット】吉本所属の人間が教えます

なんばグランド花月
  • 「なんばグランド花月にお笑いを見に行きたいけど、チケット代が高い」
  • なんばグランド花月の『本公演』は高い
  • 「なんばグランド花月で、新喜劇だけを見たい」

「なんばグランド花月で吉本新喜劇を見たい。でも漫才やコント、落語は別に見たくない!」
「なんばグランド花月の当日券、4800円は高い!」
このようにお考えの方はいませんか?

実は4,800円を払わずに済む、オススメの公演があります😊

南方神起

どうも〜!春の訪れと共に、訳のわからない女からのDMも訪れるようになった、南方神起で〜す!
僕は10年前から吉本興業に所属しており、なんばグランド花月についても詳しいです。

この記事では吉本所属の僕が、「なんばグランド花月のオススメ公演」について書いてます。
4,800円を払わずに、良い公演を見る事ができるでしょう。

それでは参ります!
僕がオススメする「4800円を払わずに済む、なんばグランド花月オススメの公演とは?」

『本公演』が終わった後の、『夜公演』を見る

※これからこの記事では「なんばグランド花月」の事を「NGK」と略します。

「なんばグランド花月について知りたい!」
という方はこちら!

✔️【なんばグランド花月とは?】吉本の芸人がNGKについてお教えます

スポンサーリンク
目次

なんばグランド花月の公演の種類

なんばグランド花月
なんばグランド花月

NGKの公演の種類は大きく2つです。

  1. 『本公演』➡︎いわゆる通常公演。
  2. 『夜公演』➡︎イベント色が強い

まずこの違いについて解説します。

『本公演』:毎日2回以上、昼間にやる公演

NGKでは毎日2回以上、必ず『本公演』という公演をしてます。

【本公演を行う回数】

  • 平日は毎日2回
  • 土日祝は3回 / 夏休み・冬休・春休みの平日も3回する事もある
  • GW・お盆・年末年始は4回

【本公演のチケット代】

  • 1階席:4,800円
  • 2階席:4,300円

チケット代は、前売券・当日券、関係なく一律です。

平日昼の『本公演』は団体客が多いですね。
というか、8割団体客でしょう。

お客様も大阪の人は少ないです。

本公演が終わった後にやる『夜公演』

NGKでは『本公演』が終わった後に、『夜公演』を行う事があります。
コロナ前は毎日『夜公演』をしていましたが、コロナ禍からはほとんどやっていません。

また『本公演』が日に4回ある期間は、夜の公演も『本公演』となります。

つまりNGKで『本公演』が4回ある日は、全公演のチケット代が4,800円になります。(2階席4,300円)

なんばグランド花月のオススメ公演:夜公演

ライブ会場

この『夜公演』を見ることをオススメします!
なぜなら、チケット代が『本公演』より安いから!

『夜公演』の方が『本公演』より安い

「俺は吉本新喜劇が見たいんだ❗️他の漫才・コント・落語はどうでもいい!」
そんな方には、夜公演でやる新喜劇が特にオススメです!

ほぼ全ての『夜公演』のチケット代は、『本公演』4,800円より安いです。

公演によっては、2,000円以上安くなる事もあります。

逆に「俺は漫才のみを楽しみたい!」
そんな方にも『夜公演』はオススメです!

「いやっ!どっちやねん💢」って感じですね😭

その理由を解説します。

『夜公演』はどんな公演をするかわからない

ここまで書いておいて非常に申し訳ないのですが、『夜公演』には欠点があります。

それは「自分が見に行こうと思っている日に、どんな『夜公演』が来るかわからない!」
という事です。

『夜公演』にはこんな種類があります

  • 漫才だけのライブ
  • コントだけをやるライブ
  • 新喜劇だけをやるライブ
  • 落語会
  • 単独ライブ
  • 落語家の独演会(要するに、落語家versionの単独ライブ)
  • 大喜利ライブ
  • トークライブ
  • ゲームコーナーなどの企画ライブ etc

自分が見に行く日に、どのライブをやるのかはわかりません。
まぁもちろん、自分が見に行く2ヶ月ぐらい前には、劇場のスケジュールが出ています。
それを見れば、ある程度は狙えるかもしれません。

しかし、ピンポイントで狙うとなると非常に難しいのが欠点です。

新喜劇を見たい方は、夜公演で新喜劇をやる日がある日を狙うのが1番いいでしょうね😁

普段TVで見ている新喜劇は、CMを除き45分ほどの公演です。
NGKでは、もっと長尺の新喜劇を見れたりしますからね😊

本公演で見るより、値段も安くオススメです!

『夜公演』は昼間にやる『本公演』よりも、チケット代が安いのでオススメ!

本公演は漫才・コント・落語・新喜劇、全部やる事もある

センターマイク

「お笑いを見たい!」と一口に言っても、お笑いには色んな種類があります。

  • 漫才師
  • コント師
  • 落語家
  • 新喜劇

また、「漫才師」と言ってもさらに細分化できます。

  • 若手漫才師
  • 中堅漫才師
  • ベテラン漫才師
  • 師匠漫才師

などなど…色々分かれます。

『本公演』は若手〜ベテランまで「全員見たい!」という方にオススメ

  • 「若手〜ベテランまで、全員見たい!」
  • 「漫才・コント・落語・新喜劇など、全部見たい!」

そんな方には『本公演』の方がオススメです。

師匠方が出られるのは、基本的に本公演のみ

我らが吉本興業には偉大なる師匠方がたくさんいらっしゃいます。
師匠方がご出演されるのは、基本的に『本公演』のみです。

なので「吉本の師匠を見たい!」という方は、この『本公演』を見に行くのがオススメです。

師匠方が出られるのは『本公演』が多い

『本公演』はご高齢の方向け、『夜公演』は若者向け

芸能人

吉本所属の僕の意見ですが、

  • 『本公演』はご高齢の方向け
  • 『夜公演』は40歳まで向け

になるかなと…

ただしこれは「あえて、年齢で分けるなら」という事ですよ。

『本公演』は師匠方がご出演される

前述しましたが、師匠方がご出演されるのは基本的に『本公演』のみです。
ごくたまに夜公演にもご出演なさいますが、ほとんどないです。

客層も団体客や、婦人会の方が多いですね。

「お笑いは、同世代ぐらいの演者をおもしろいと思う」という観点で言うなら、
師匠方が出られる『本公演』はご高齢の方にオススメです。

『夜公演』は若者向け

「『夜公演』がどんなライブをするのか」は、2ヶ月前ぐらいにならないとわからないです。

ただし漫才のライブだったら、大トリ(最後の出演者)が中堅漫才師になる事が多いです😃
自分が見てる限りでも、『夜公演』は若者向けのお笑いライブです。

ネタの感じも、若者向けって感じです。

イベント的な要素が強いです。

あと夜なんでね…
「ライブが終わった後に、クラブに行く!」なんて事も可能です。

まぁクラブに行くような人は、あんまりお笑いに興味なさそうですけどね😉
クラブに行くような男は大体、カラオケで湘南の風を歌いよります。
女は大体、韓流アイドルが好きです。

知らんけど。

「明日にでも、なんばグランド花月に行きたくなってきたわ!」
という方はこちら

✔️【なんばグランド花月のアクセス】吉本芸人が教える、NGKの行き方

なんばグランド花月のオススメ公演:まとめ

なんばグランド花月

この記事では「なんばグランド花月のオススメ公演」について書きました。

【NGKのオススメ公演】

『夜公演』がオススメ!
➡︎チケット代が『本公演』よりも安いから
特に「吉本新喜劇を見たい!」という方が、夜公演に新喜劇があった場合はラッキーでしょう。
『本公演』よりも安く、新喜劇を見る事ができます😉

「若手〜ベテラン、漫才・コント・落語・新喜劇を全部見たい!」
という方には『本公演』がオススメです。

『本公演』は基本的に、ネタと新喜劇だけのラインナップです。
師匠方が出るのは、この『本公演』がほとんどです。

年齢で区別するなら

  • 『本公演』 ➡︎ ご高齢の方向け
  • 『夜公演』 ➡︎ 若者向け

「お笑いを初めて見る!」という若者に最もオススメの『夜公演』は

トリが中堅漫才師で、その後に新喜劇をやる公演

ただ、これは狙ってその公演を見れるのかどうか…
運に左右されますので、ご了承ください。

「なんばグランド花月以外にも、お笑いの劇場ってないの?」という方はこちら!
✔️関西でお笑いを見たいならこの劇場【吉本芸人が教える劇場10選】

ここまで書いておいて「どないやねん!」という感じかもですが…

別に『本公演』でも『夜公演』でも、どのライブを見に行ってもOKです!
「オススメを挙げるなら、『夜公演』」って感じです。
『夜公演』方がチケット代が安いですからね。

ごくたまに、『夜公演』の方がチケット代が高い事もあるのでご注意ください。

なんばグランド花月のチケットについてはこちら!

✔️https://ngk.yoshimoto.co.jp/ (NGK 公式サイト)

皆様の、なんばグランド花月へのご来場!
心よりお待ちしております。

まぁ来ても、俺はおらんけど😉
NGKの従業員は心よりお待ちしてるはずなんで、よろしくお願いします〜!

なんばグランド花月

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる