NSC入学生に伝えたい!【卒業生が語る、NSCのデメリット3選】

お笑い芸人になりたくて、NSCに入りたい

NSCって実際にどんなとこ?

NSCに入るメリット・デメリットを知りたい!

この記事ではそんな、未来のスーパースターに向けて書いてます。

今回のテーマはこれです。

NSCに入学するデメリットとは、何か?

こういうテーマで、書いていきます。

南方神起
南方神起

どうも〜!!南方神起と申しま〜す!

僕は実際にNSC大阪を卒業しています。

芸人活動を続けていく中で感じた、

NSCのデメリットを書きます。

「お笑い芸人になるなら吉本興業のNSC!」

そう思っている方は多いと思います。

「でも実際にそれでいいのか?」 「NSCのデメリットは何もないのか?」

そんな悩みをお持ちの方に、参考になります。

そもそもNSCって何❓という方はこちらをご参考ください!

 ・お笑い最大手の事務所、吉本興業が運営するお笑い芸人養成学校!NSCとは?

参りましょう!! 

NSCに入学するデメリット3選とはこちらです。

  • 同期が多い
  • 事務所の力が圧倒的
  • ギャラが安い

順番に解説していきます

スポンサーリンク
目次

同期が多い

こちらの『NSCのメリット』をご覧になった方、お気づきでしょうか❓

「どないやねん❗❗💢」というツッコミが聞こえてきそうです😁

「NSC入学のメリット」でも1番最初に、『同期が多い』と書いております。

「てめぇ、何言ってるんだこの野郎❗💢」とお思いかもですが、同期が多いというのは『メリット』『デメリット』の両面があると思います

今回はデメリットの方を解説します。

ライバルが多い

同期が多いことのデメリットはこれです。これさえ覚えておけばOKです!

同期全員が売れるなんてことはないです。

吉本に入れば、始めに同期達と熾烈な争いを繰り広げなくてはいけません。

そうじゃないと、吉本興業のNSC担当社員さんにすら覚えられないです。

他事務所でも、スクールはたくさんあります。しかし、そのスクール担当の社員にすら覚えられない・・・

というのは吉本のNSCだけかもしれません😊 入学者が多すぎます。

実際に入学費用40万(当時)を払ったにも関わらず、1週間で辞めていく生徒もいます😊

これは、僕が自分の目で直接見ました😭

NSCは同期が多い分、まずは同期と熾烈な争いを繰り広げる・・・

これは覚えておきましょう。

同期が多いのでライバルが多い

近年の入学者数は減少傾向にある

とはいえ、近年のNSCは入学者数が減っています。

僕の時は700人ぐらいだったそうですが、近年は300〜400ぐらいに落ち着くそうです。

最盛期は大阪1000人・東京1000人で合計2000人。

しかし、近年は両方合わせて1000人届かないかもしれません。

同期が少ない分、ライバルは減ります。

だからといって、「ライバルが少ない」=「売れるチャンスが多い!」とは、ならないです。

NSC時代で、奪い合うパイに余裕があるのは間違いないです。

近年のNSC入学者数が少ない理由は、YouTuberと少子化でしょう。

「同期が少ない」=「売れるチャンスが多い」わけではない

 

最近は、「みんな仲良く」がいい

「ライバルが多い!」ということを、デメリットに挙げましたが・・・

最近のお笑い界は、「全員ライバルや!」となるより「みんなで仲良く!」が重視されます。

同期同士でギスギスするよりも、「みんなで一致団結してこうぜ!」の方がいいんです。

つまり仲良くする方がいい! という事です。

最近のお笑い界は、『みんなで仲良く』が重視されるので、同期が多いのはメリットになる方が多い。

馴れ合いになる可能性あり?

最近のお笑い界はみんなで仲良くする方がいい!

それゆえに、ハマる可能性があるのはこれですね。

まぁそんなに心配しなくていいです😁

僕は大阪吉本にいますが、『馴れ合い』になっている人は別にいないです。

しかし、ぬるま湯につかりながら悪口だけを言って何もしない!となるのは避けましょう。

圧倒的に事務所の力が上

売れたのは吉本のおかげや!

見出しの通りですね😁

小さな事務所なら、「売れたのは君たちのおかげだ!」となります。

吉本はお笑い最大手の事務所です。芸能界においてもかなり大きな事務所です。

自分の希望通りに芸能活動はやりにくいかもです。

とはいえ、「売れたのは吉本のおかげや!」という理論は、その通りでもあります。

吉本であるがゆえに、いろんな仕事が舞い込んでくるのは間違いないです。

吉本で売れても、「売れたのは吉本のおかげや!」となる😁

大所帯ゆえに動きが遅い

吉本以外の、全ての企業に言えることでもあります。

大企業は、動きが遅いです。

動きが遅いエピソード

これは売れている先輩芸人さんの話です。

その先輩芸人Aさんが、その方の更に上の先輩芸人Bさんに「自分のイベントに出てくださいませんか❓」とお願いしようとしたそうです。

Aさんが直接、自分でBさんに言っても良かったのですが・・・

そばにマネージャーがいて、「じゃあ僕が言っておきますね!」と言ってくれたので、そのイベント出演のBさんへの打診は、社員さんに任せることにしました。

その時は3月だったのですが、実際にBさんの耳に入ったのが6月になったそうです。

AさんもBさんも、全国区の芸人です。

それでも、社員に頼んでしまったがゆえに、そんなことになってしまうことがあるようです。

AさんもBさんもお互い連絡先を知っています。初めからAさんが直接言っておけば良かったかもですね😊

こんな感じのエピソードは、たくさんあるでしょう。

吉本のマネージャーは、数組の芸人のスケジュールを見ています。

芸人の数に対して、社員が数が足りていません。

こんなことが起きるのは、仕方ないです😊

少人数の事務所の利点

僕は吉本興業所属であり、少人数の事務所さんの事はわかりません。

ただ、個人的な考えを述べます。

少人数の事務所さんの利点を1つ挙げるなら、社員さんに覚えてもらえやすい。ことです。

ただやはり、仕事は少ないです。

まず世間の人間に覚えてもらう前に、事務所のスタッフに覚えてもらうこと・・・

これは非常に大切です。

  • 「この芸人はどんなネタをするのか?」
  • 「この芸人はどんなキャラなのか?」
  • 「この芸人の芸風と、イベントの雰囲気は合っているのか?」

社員さんはそんなことを考えて、芸人さんたちに仕事を振ります。

まぁ、考えてない社員もいるかもしれないですけどね😊

そのためには、まず『事務所の社員に認知してもらうこと』これができないと話にならないです。

少人数の事務所は、社員に覚えてもらえやすい

ギャラが安い

これはメディアでよく聞きます。

ギャラが安いのは本当です。 ちなみに、給料数百円でも家に給料明細が届きます😊

なぜギャラが安いのか? こちらをご参考ください

 ・吉本興業はなぜギャラが安いのか?

売れたのは吉本のおかげや!

事務所の方が圧倒的に立場が上なので、ギャラに関してもこうなります😆

自前の舞台が、吉本にはあります。 

他事務所なら、イベントをやる際「どこの劇場でやるか❓」から決めます。その劇場に連絡して「その日使えるか?」などを確認するところから始まります。その作業を、芸人がやる事もあるでしょう。

吉本はその作業は全部、社員さんがやってくれます。 ほとんど自分たちで動くことはありません。というか、自分でやったことある人、ほとんどいないです。

そもそも定期的に、舞台に立てない事務所もあります。

芸人達が、あれこれ動かずとも舞台に立てる。その分ギャラが安いことは仕方ないです。

逆に言えば、ギャラ以外の部分は吉本が他事務所よりも上です。

ギャラが安いのは本当

ギャラが出ないこともある

これは僕の実体験です。

とあるイオンモールで仕事をしました。

その時のギャラが5年以上経って、未だに払われていません😁

その額は2万〜3万です😁

僕はこの10年間で、ギャラが支払われなかったのは1回です。昔はもっとあったでしょうね😊

まとめ

今回は「NSCに入ることのデメリット3つ」を書きました。

  • 同期が多い
  • 事務所の力が圧倒的
  • ギャラが安い

NSCに入るメリットも知りたい!という方はこちらの記事もご参考ください。

 ・NSC入学のメリット3選

デメリットを詳しく説明するとこんな感じです。

  1. 同期が多いということは、メリット・デメリット両面があります
  2. 事務所の力が圧倒的です。新人はゴミみたいなもんです。でも、吉本だから得していることもあります。
  3. ギャラが安い。 他事務所の芸人さんと2倍以上ギャラが違う。ということもあります。

NSCに入る意味はあるのか?

You TubeやSNSが発達した現代、NSCに入る意味は、10年前に比べかなり薄くなったでしょう。

それでもなお、50万払ってまでNSCに入る意味があるのかどうか・・・

これを決めるのは、皆さん自身です。

NSCに入るのは、決して間違いではないです。

吉本はお笑い最大手の事務所です。 そこのバックアップを受けることができるのは、やはり強みになります。

吉本も僕が入った10年前に比べ、変化しています。

時代の変化に対応していると言えます。そうでないと、創業100年以上存続しているとは思えません。

吉本は2021年に『吉本アカデミー』という学校も立ち上げました。 こちらもご覧くだだい

 ・吉本の立てた学校『よしもとアカデミー』とは?

YouTuberたちが時代の寵児となりつつある今、それでもなお「俺は芸人になる❗❗」と決意してくれる人が1人でも増えると、とても嬉しいです!

南方神起でした! ありがとうございました!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる