MENU

NSC大阪入学【芸人になるなら入るべきか?卒業生の体験談を書く】

どうも〜! NSC大阪校34期 卒業 南方神起です!

「お笑い芸人になりたくてNSCに入学したいんだけど・・・NSCってどんなとこ?」

そんな悩みをお持ちの、未来のスーパースターがいるかもしれません😁

今回は、実際にNSC大阪卒業生として、体験談をお話します。

ちなみに大阪34期は芸歴10年になります。 10年経てば、今現在と変わっているところもあると思うので、ご了承ください!

スポンサーリンク
目次

NSCってどんなとこ?

この記事を読まれている『未来のスーパースター』に、わざわざ説明は不要かもしれませんが、一応改めて説明を・・・

正式名称:吉本総合芸能学院 英語名:New Star Creation 略して NSC 

吉本興業が運営する、お笑い芸人を作るための学校・・・そういう感じに思っていただければ😁

「お笑いといえば吉本」と・・・もはや言えるぐらい、関西ではおなじみかもしれません。 

ちなみに・・・

吉本興業はNSC以外にも、いろんな学校を運営しております

以下の記事をご参考ください

 ・2021年開校!よしもとアカデミーってどんなとこ?

入学費用はいくら?

お金

ホームページの情報によると

東京・大阪 

  • 入学金 11万5千円
  • 年間授業料 33万円
  • 年間施設使用料 5万5千円  合計 50万円

札幌・名古屋・広島・福岡・沖縄

  • 入学金 11万5千円
  • 年間授業料 27万5千円
  • 年間施設使用料 なし  合計 39万円

僕の時は大阪・東京40万円でしたが・・・高くなりましたね💦 

この10年間で、消費税増税や、闇営業騒動があったので色々と変わったのでしょう。

傷害保険に加入するのも入学金UPの理由でしょうね。 まぁ、保険だけで10万もUPするわけではないでしょうが・・・  

闇営業騒動があったので、「色んなことをちゃんとしよう!」とした結果、10万UPしたのかもしれません。

その他に、選考料5千5百円 が必要です。

僕の入学時は、入学前に一括40万円支払いでした。

ホームページを見る限り、今もそうなのかはわからないですね💦

おそらく入学前に一括50万円支払いだと思っておいた方がいいでしょう。

お笑いスクールは吉本が1番安い

ちなみに、吉本以外の大手お笑い事務所も、スクールを運営してます。

値段でいえば吉本が1番安いと思います。 

それはなぜか? 

誰でも入れるから。 

言葉を悪く言えば、どんなバカでも入れます😁

退学する場合、ある程度授業料が返金されるようですね😀

僕の時は、「いかなる理由があろうと一切返金しません。」と書いてありました😁 

これは驚愕です! 

闇営業騒動があったからなんですかね〜?😁

僕はこの記事を書くにあたり、NSCのオープンスクールにも参加しました!

こちらもご参考ください!

 ・NSC以外もある! 2021年開校!よしもとアカデミーとは?

どんな授業をするの?

授業

NSCは入学して卒業まで1年しかありません💦 

なので2〜3年したら授業内容が変わります。 

「僕の時にあった授業・いた先生が1年経てば変わる」というのは結構あるあるです。

・僕たち34期にしかなかった授業
・34期しかいなかった講師

というのもあります。

でも、逆に僕が入る前からずーーーっと変わらない授業もあります。

なので、僕が覚えてる限りの主な内容を書きます!

①ネタ見せ

これはいわずもがなですね。

これをするためにNSCに行くようなもんです。

全授業のおよそ4割がこの『ネタ見せ』の授業になります。

先生の前で、自分が作ってきたネタを見ていただくという授業です。

ちなみに、ネタ見せの先生といっても何人もいます。 

つまり何人もの人に同じネタを見せる! という感じに思っておきましょう!  

同じ授業で違う先生がいるのは、基本的に『ネタ見せ』だけです。 

「今日はA先生のネタ見せ 明日はB先生のネタ見せ 1週間後にC先生のネタ見せ〜」 こんな感じです。 

同じ講師の授業は基本的に月1しかありませんでした。  

僕の時は基本的に5人のネタ見せの先生がいました。 

なので、同じネタを5人の先生に見ていただきました。 

つまり、3週間に1周だけ、週2でネタ見せがありあした

この理論でいけば、月1ネタを考えたらいいということですね! 

もちろん、「毎回毎回新ネタを作りまくって、毎回違うネタを披露する。」

というのでもOKです!

ちなみに、ネタ見せが本格的に始まったのは6月からでした。 

最初にお会いするのは5月でしたが、その日はオリエンテーション的な感じで終わりましたね。 

それから最後の授業が3月・・・

各先生に、ネタ見せできるのは10回だけです。 

この10回、大切にしていきましょう!

初めてのネタ見せで、「いきなりテレビ出演決定!」 とい可能性もあります😁 

僕の時は、誰もなかったですけどね😌

②発声

要は「大きい声を出せるように!」ということです。

舞台上では、1番後ろのお客さんに声を届けないといけません。  

この発声の授業について、他事務所の方の記事を読んだのですが・・・

その方いわく、「発声の授業についてはそこまでちゃんと出る必要はない。
なぜなら、舞台に出ていれば必然的に大きい声を出せるようになってくるから。」 

とのことが書いてありました。

確かにそういった側面もあると思いますが・・・

個人的にはその意見には反対です。

発声の授業は真剣に出席しましょう!

「なぜ発声の授業は真剣に出る必要はない」とその方はおしゃったのか・・・

僕の考察はこうです。

関西圏では吉本以外の事務所さんは、基本的に吉本勢よりも小さな劇場での公演が多いです。

そうなると、そこまで大きな声を出さずとも1番後ろのお客さんにも聞こえます。

ですが、吉本勢は違います。 

NSC出た直後から・・・なんなら在学中から、100人・200人のお客さんが入る規模の劇場に出れます。 

なので、その規模になると、ちゃんとした発声が必要です

なぜなら、後ろのお客様に聞こえないからです

発声が4月にできたら、同期よりも抜きん出れます😁 

まぁもちろん、おもろくないとだめせすけどね😁

芸人であろうが、アイドル・役者であろうが、まず初めの基礎の基礎になるのが、「大きい声を出せるかどうか」です。

大阪NSC生が1番最初に出れる劇場は、おそらく『YES THEATER』だと思います。
それか、漫才劇場という事もあるでしょう。

『YES THEATER』は324席あります。

初舞台で324席の劇場に出れるのは、芸人だけでなく芸能人全員で考えても、破格の待遇です。

AKBでも初舞台はそんな舞台ではなかっとたと思います。 

吉本は自前の劇場を持っているので、それが強みですね。

その大きな劇場に出演して、お客様に「こいつ何を言っているかわからない。」

と思われているようでは論外です。 

そんなレベルで舞台に上がる時点で失礼です。 

なので、発声・声出しは真剣に出ましょう!

「いやいや! 俺は声量には自身があるぜ〜!」というそこのあなた。 

出番前というのは大変緊張します。 

緊張すると、人間声が小さくなるものです。

ですので、『発声』は全ての回に出席しましょう! 

なんなら、夏頃までは『ネタ見せ』よりも、『発声』を優先するぐらいでもいいかも知れませんね😀 

筋トレをするからしんどいかも知れませんが・・・😁 

僕は、楽しかったですよ! 高校の時部活もしてましたから! 

ラッキーでした😁

③演技

芸人といえど、演技力は必要です

俳優や女優でないにしても舞台の上に立つ以上、演技力は必要でしょう😁

漫才でも、いわゆるしゃべくり漫才なら大していらないと思います。 

コント漫才なら必要でしょう。 

和牛さんのような漫才なら、めちゃくちゃ必要でしょうね! 

というか、個人的に「1番演技力のある漫才師は誰?」

と聞かれたら、僕は和牛さんを挙げますね!

コントなら間違いなく演技力は必要です。 

そんな役者クラスの演技力は必要ないかもしれませんね。

「演技力が必要かどうか」は、ネタの中にコントの要素が入ってくるかどうかで、変わってきそうです。

まぁ、個人的には ①ネタ見せ ②発声 ほど重要ではないと思います 

まぁでも、せっかく高い授業料を払っているので出席しましょう!😁

結論:NSCに入るべきかどうか?

舞台

NSCの授業について少しだけ書きました。  そして、結論!

「吉本芸人になるなら、お笑い芸人になるならNSCに入るべきか?」

結論: 入る必要なし

「どないやねん💢」て感じかもしれませんが😁 

高い金払ってまで、入学する必要はないですね😊

ただ、あくまでも「入る必要はない!」 です。

「入らない方がいい」 ではないです

「結局、どこのNSCがいいの❓」という方はこちらの記事をご参考ください
NSC入学したい人必見!どのNSCに入学すべき?【卒業生の考察】

なぜそう思うのか?・・・

この記事を書いてる時点、2021年6月ですが・・・

僕が入学したのが、2011年。 

その時と今とで明らかに違うことがあります。

それは、YouTuber です

僕が2011年にNSCに入学した時点では、世の中はまだまだ『テレビの時代』でした。

なので僕たち同期全員、「いつかテレビに出れるように頑張るぞ!」と思っていました。

ですがそれから時が経ち、いまや2021年。

You Tubeの方がテレビを超える市場規模になっております。 

要は、人気者になりたいならNSC入るよりも、YouTuberになった方がよくね?

というのが僕の考えですね。

もし僕が20歳の時に、「いずれYou Tubeが来る!」 

とわかっていたなら、NSCには入っていないでしょう。 

おそらくNSCの先生方も、吉本社員も、先輩芸人ですら、誰も予想していなかったはずです。

そしておそらくですが、「NSCに入るかどうか悩んでいるんだけど・・・?」という方は、20歳ぐらいの方が多いはずです。 

20歳以下の人、テレビ見てますか? 

ほとんど見ていないでしょう。

なので、入る必要はない というのが僕の意見です。

それと、直近3年間のM−1グランプリの優勝者

  • 霜降り明星
  • ミルクボーイ
  • マジカルラブリー

お3組ともNSCを出ていません! 

吉本に所属したい場合、NSC出ていなくともオーディションもありますから、そこから狙えばいいんじゃないでしょうか? 

ただ、僕の肌感では

近年の吉本はNSCに入学しないと、所属できない・・・

という傾向が強いような気もするので注意しましょう

ただ、誤解をしてほしくないので補足をしておくと、あくまでも

「入る必要はない!!」   ですからね。

「入らないほうがいい!!」 ではないです。

入学したらしたで、メリットはたくさんあります。

1番のメリットは、発声の授業かな・・・です。 

やっぱり声だけはね、専門的に教えてもらったほうがいいと思いますね😁

まとめ

NSCに入るかどうか・・・ 

昔は「有名になりたい!」と思えば、テレビしか手段がありませんでした。

ですが今はスマホの画面から有名になったほうがスターになりやすいでしょう。

「NSCに入るかどうか・・・」

その50万という額を払うべきかどうか・・・

僕なら、NSCを経由せずにM−1などで結果を出して(準々決勝ぐらいかな?)入学金なしで、吉本に入る・・・ 

というルートを取りますね。

まぁ、もちろんNSCに入るのもいいとは思います!

以上! 南方神起が北向きで書きました〜!

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる